ダイエットについて②

究極のダイエット法は、食事内容を整えて適度な運動を行うことです。詳しくはダイエットについて①をお読みください。こちらでもお伝えしましたが、ダイエットはただ体重を落とすことではありません。

 

心身の健康を作り、維持することがダイエットの本質です。体重や体脂肪を落とすことは、それを達成するための一つの方法です。

 

私たちの毎日の食事と運動習慣が心身の健康に大きな影響を与えます。

 

スポーツ庁のデータ(令和元年)によると、成人の53%は週に1日以上のスポーツ(運動)を実施しており、27%の人は週に3日以上、実施しているそうです。

 

実施した運動の中でウォーキングが暖冬で多く(男女ともに約62%)、実施した理由で一番多かったのが「健康のため(約73%)」でした。

 

このデータをどう解釈するのかは、見る人によって違うでしょう。多くの人は十分に運動していると見るか、運動不足と見るか・・・

 

一つ言えるのは、身体の機能を保ち、ダイエットを成功に導くために運動を行うのであれば、ウォーキングだけでは不十分ということです。

ウォーキングはコストパフォーマンスが悪い

その大きな理由は、ウォーキングだけで筋肉の量や質を維持、発達させるのが難しいからです。

 

筋肉の量や質は、身体の機能(糖代謝)やダイエット成功率に大きく関係しています。筋肉量が多い人ほど、余分な糖やカロリーを燃焼してくれる身体であり、それは太りにくいことを意味します。

 

また身体の機能(糖代謝)が高い人は、病気になりにくいこともわかっています。筋肉量を維持、発達させることは、ダイエット(心身の健康)を成功させる大きな要因なのです。

 

もちろんウォーキング量や歩くスピードによって強度を高めれば、筋肉量を維持すること、新たに筋肉を発達させることは可能です。

 

しかし一般的なウォーキングではまず無理でしょう。

 

職場の近くに大きな公園があります。毎日、そこを通るのですが、年齢や性別を問わず、たくさんの人がウォーキングに励んでいます。

 

自然にその人たちの歩き方、姿勢、筋肉の使い方が目に飛び込んでくるのですが(職業病)、ほぼ全員が間違った姿勢や筋肉の使い方でウォーキングをしています。

 

これでは筋肉の量や質を維持するどころか、歩くほどに筋肉が固くなり、身体のバランスが崩れ機能も低下していきます。

 

この状態が続くと、痛みや違和感が生じることもあります。ウォーキングを始めてから膝や腰が痛くなったという人が身近にいないでしょうか?

 

健康のためにウォーキングを始めたのに、その結果、身体を痛めてしまっては意味がありません。

 

またウォーキングで消費されるカロリーも知れています。消費カロリーは体重や代謝によって個人差が大きいのですが、1時間歩いてもおにぎり1個分も消費できないことは珍しくありません。

 

余分な体重や体脂肪を落とす効果も非常に低いのです。

 

もちろんまったく動かない人と比べれば、ウォーキングを行っている人の方が圧倒的に健康なはずでしょう。

 

しかしコストパフォーマンスが悪すぎる感は否めません。

筋トレに勝るウォーキング法

運動のコストパフォーマンスを考えるのであれば、ウォーキングよりも筋トレです。

 

ウォーキングが好きな人や筋トレが苦手な人は、ウォーキングで良いのですが、効率的に結果を出したい、時間を節約したい人にとっては筋トレの実施がベターです。

 

筋トレの効果やメリットについてはこちらをお読みください。

筋トレの効果について①

筋トレの効果について②

 

先ほど、ウォーキングはコストパフォーマンスが悪いと言いましたが、やり方によってはウォーキングだけでも筋トレを凌ぐ効果を出すことは可能です。

 

そのやり方は、マインドフルネスとウォーキングを組み合わせることです。

 

マインドフルネス瞑想には「歩く瞑想」という歩きながら「気づき」を得るための瞑想があります。

 

一歩一歩を丁寧に歩きながら、自分の身体に意識を向けて、身体の中で生じること、心の中で生じることに気づいていきます。

 

この実践がただウォーキングするよりも、圧倒的に身体の機能を高めてくれるのです。(実施しているアスリートも多い)

 

筋肉を発達させて、維持させるだけであれば筋トレに勝る方法はありませんが、身体の機能を高めるのであれば「歩く瞑想」も非常に効果的です。

「歩く瞑想」はダイエットに有効

「歩く瞑想」はダイエットに有効です。

 

「歩く瞑想」は身体だけでなく、心にも良い影響を与えます。どんな運動にも心への良い影響はありますが、「歩く瞑想」の効果はその非ではありません。

 

ダイエットを成功させる上で、ストレスの対処法を身に着けることは最重要課題。ストレスの過剰や心の不安定は過食を招き、肥満や病気を呼び込むからです。

 

「歩く瞑想」は身体の無駄な力みを解放し「しなやかな身体」を作ります。しなやかな身体は良いスタイルには欠かせません。

 

どうせウォーキングをするのであれば、たくさんのメリットがある「歩く瞑想」を実践した方が良いでしょう。

 

ダイエットは身体だけではなく、心の健康も作ることが目的です。「歩く瞑想」は身体と心の健康を達成してくれます。上手く行えば、筋トレ以上のコストパフォーマンスの高さです。

 

ぜひ実践してみてください。

 

「歩く瞑想」のやり方はこちら

 

筋トレとマインドフルネス瞑想の組み合わせもありますが、それは少し難易度が高くなります。ある程度のマインドフルネス経験が必要なので、ここでは紹介しません。