あなたは「今この瞬間」に意識を向けなければいけない。

マインドフルネスには「評価や判断をせずに今この瞬間の経験に対して能動的に注意を向けること」という定義があります。

これを読んでもわかったようなわからないようなそんな感じですよね。簡単に言えば今起きている目の前のことに意識が向いているか?です。

あなたはご飯を食べているとき、ご飯を食べることに100%意識を向けていますか?味わって食べていますか?

多分、別のことを考えながら食事しているのではないでしょうか?

テレビを見ながら、スマホを触りながら、明日の仕事のことを考えながら、昨日のことを考えながら頭の中が過去や未来をいったりきたりしていませんか?

まさにこれは心がさまよっている状態です。

デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)が活動している状態ですね。デフォルト・モード・ネットワークについてはこちらを読んでみてください。

脳の疲労はDMNが活動することが主な原因です。

言い方を変えれば脳の疲労やストレスは過去や未来の余計なことを考えるから生まれるのです。

すでに終わったことを思い出したりまだ起きていない未来のことを不安に思ったり心がここにない状態。

この状態が慢性化すると心は疲弊します。心の乱れは過去や未来に縛られることから始まるのです。

ですから「今この瞬間」に意図的に向ける練習をする必要があります。

「今この瞬間」に意識を向ける有効な方法の一つに呼吸のマインドフルネス瞑想があります。

勘違いしてる人が多いのですが呼吸のマインドフルネス瞑想の目的はリラックスするためではありません。

「今この瞬間」に意識を向けるという感覚を身体で覚えることが目的なのです。

それに伴うリラックスは「おまけ」です。しっかりと脳を休息させたかったら今この瞬間に意識を向けるという感覚を体得しなければいけません。

呼吸のマインドフルネス瞑想はそれを体感し体得するための練習です。

今この瞬間に意識を向けてるときはDMNが活動しません。DMNをどれだけ活動させないかで脳の疲労度は大きく変わります。

なのでしっかりとこれから紹介する呼吸のマインドフルネス瞑想に取り組んでみてください。

「今この瞬間」を体得する!

「今この瞬間」を体得するために今から呼吸のマインドフルネス瞑想をやっていきましょう。

まずは座れる場所を探してください。家でも会社でも通勤時のバスや電車の中でも大丈夫です。座る場所がなければ立った状態でもできます。

胡坐(あぐら)や正座が理想ですが身体が固かったり膝や腰が痛かったりすると呼吸に集中することが出来ません。

ですから初心者の方は椅子に座って行うのがベターです。背筋は猫背にならない程度の意識で大丈夫でしょう。

良い姿勢をしようと背中を伸ばすと逆に力が入って集中が阻害されるので姿勢は頑張らなくてかまいません。

次に目を閉じてゆっくり呼吸を意識します。鼻から吸い、吐くときは鼻でも口でもかまいません。

鼻腔に空気が入る感覚、空気が喉を通って肺に入る感覚、胸やお腹が動く感覚に注意を向けます。その感覚に意識を向け続けてください。

しかしすぐに意識が呼吸以外に反れたり、雑念が浮かんでくると思います。意識が呼吸から反れたら
反れたことに気づきまた呼吸の感覚に意識を戻します。

雑念が浮かんできたら雑念を追いかけずに呼吸の感覚を意識しましょう。

これを5分ほど繰り返してみてください。

慣れるまでは、意識があちらこちらに飛んだり、雑念に振り回されたりなかなか集中できないかもしれません。

最初はそれでもかまいません。最初から上手くできる人はいませんからね。上手く集中できると呼吸の瞑想が終わった後は頭の中がスッキリした感覚になると思います。

それが脳の疲労が取れクリアになった状態です。毎日行うとそれが当たり前の状態になります。脳がクリアな時に私たちの能力は最大限発揮することができると言われています。

集中力も記憶力も頭の回転もアップした状態ですね。

呼吸のマインドフルネス瞑想は最初の1週間は1日5分間を毎日行うと効果的です。

同じ時間、同じ場所で行うと継続しやすいですよ。寝る前に行うと睡眠の質も上がります。不眠症の改善にも効果的ですよ。

 

短期間で効率よく習得したいあなたには人気NO1の「個人セッション」がお勧めです。