マインドフルネスと健康

健康の維持、増進を望むのであれば免疫システムを正常に働かせることが重要です。免疫システムは健康を保つ上で肝となる存在。

 

免疫システムの働きは主に私たちの体内のゴミを食べて排除してくれることです。(食作用)

 

外から侵入してきたウイルスや細菌、バクテリアなどの炎症の原因となる微生物や化学物質といったゴミが蓄積すると病気を発症します。(もちろん身体にとって有用なウイルスや菌もある)

 

免疫システムはこれらのゴミを常にデトックスしてくれているのです。つまり免疫システムが正常に働いていれば、病気にならない(発症しても治る)ということです。

 

若者と比べて高齢者の方が病気になりやすいのは、蓄積しているゴミが多いからです。高齢者の方が体内に蓄積しているゴミが多い理由は、免役システムが弱化しているからです。

 

免疫システムが弱化していると、体内に入ってくるゴミが排泄するゴミを上回ります。その状態が長く続くことで、様々な病気を発症するのです。

 

どの病気を発症するのかは、どこにどれくらいのゴミが蓄積しているかによって変わります。

 

脳内にゴミが多く蓄積するとアルツハイマーに(諸説あり)、肝臓に蓄積されると肝硬変になると言われています。

 

またゴミの蓄積は老化も促進します。年齢より若く見える人は、同年代に比べてゴミの蓄積量が少ないのです。

 

いつまでも若々しく健康を維持しようと望むのであれば、免疫システムを弱らせないような生活を送ることが必要です。また体内に入ってくるゴミを最小限にすることも大切でしょう。

 

そのためには定期的な運動と栄養豊富な食事を意識することです。運動や食事が大切というのは多くの人が知っていることですし、実践している人も多いでしょう。

 

そして運動と食事と同じくらい健康に良い影響をもたらすのがマインドフルネスの実践です。

 

なぜならマインドフルネスの実践は、免疫システムの働きを大きく低下させる「ストレス」を軽減し、ストレス耐性も高めてくれるからです。

 

免疫システムの働きとストレスは密接に関係しているのです。

精神的ストレスの対処が健康の鍵

ストレスを感じると私たちの体内で「コルチゾール」や「アドレナリン」といったホルモンの量が増えます。(ストレスの量や質によって増減する)

 

これらのホルモンは短期的には有益に働く場合もありますが(炎症を抑えるなど)、長期間の分泌が続くとかなりの悪影響があります。

 

具体的に言えば糖代謝の機能を悪くすることで、体内の炎症を強めてゴミの量を増やしたり、ゴミ掃除の能力を低下といったことが起こります。糖代謝について

 

ストレスは必ずしも悪いものではありませんが量や質、またはストレスへの対処の仕方によって免疫システムの働きを悪くさせることがあります。

 

ストレスには「物理的ストレス」と「精神的ストレス」の二つがあります。

 

物理的ストレスとは「暑い」とか「寒い」、「騒音」や「悪臭」といった五感でキャッチ出来る物理的刺激を指します。大気汚染に晒されることや食品添加物を摂取することも物理的ストレスに当たります。

 

精神的ストレスとは何かを見て「気持ち悪い」と思ったり、嫌な仕事などをしている時に生じる不快な気持ちなどの心に影響を与える刺激です。

 

マインドフルネスの実践で軽減されるのは主に精神的ストレスの方です。物理的ストレスと精神的ストレスが免疫システムに及ぼす影響はどちらも同じです。

 

場合によっては精神的ストレスの方が影響が大きいでしょう。

 

物理的ストレスは比較的、簡単に避けることが可能です。暑くてしんどいんであれば涼しい場所に移動すればいいですし、寒ければ身体を温めれば良いでしょう。

 

しかし精神的ストレスは物理的ストレスのように避ければ良いということにはなりません。

 

嫌な職場から物理的に離れていても「明日も仕事に行かなければいけない」と考えて(自動的に頭の中に浮かぶ)嫌な気持ち(大きな精神的ストレス)になります。

 

何かで紛らわそうとしても、常に頭の片隅にそれがあり振り払うことが難しいのです。また思考が嫌な方向へどんどん連想することで、嫌な気持ちは大きくなり、ストレスも増大します。

 

精神的ストレスは物理的ストレスと違っていくらでも大きくなってしまうのです。

 

日本に住む私たちは(他の先進国に住む人達も)、物理的ストレスを避けることは容易となっています。その反面、精神的ストレスは増大する一方です。

 

精神疾患の患者が増えていることやストレスを原因とした病気が増えていることがそれを物語っています。

 

となれば私たちが健康を維持するために、精神的ストレスに対してどう対処するかが鍵となってきています。

サプリメントでは健康になれない

物理的ストレスに比べて精神的ストレスへの対処が難しいのは、精神的ストレスは目に見えないからです。

 

物理的ストレスは目に見えますし(放射性物質などは見えないが)、対処法を習わなくてもある程度は本能が自動的に避けてくれます。

 

しかし精神的ストレスに関しては、学んで訓練しないことには対処できない場合が多いのです。

 

精神的ストレスへ上手く対処する方法の一つがマインドフルネスを実践することです。マインドフルネスの実践は精神的ストレスを上手く対処するのに非常に効果的です。それだけでなく継続すればストレス耐性もアップします。(物理的ストレスに対しても)

 

マインドフルネスの実践は現代人にとって必要不可欠でしょう。

 

もちろん精神的ストレスへの対処だけでなく食事を整える、定期的な運動をするといった物理的ストレスへの対処も必要です。(運動は精神的ストレスも軽減する)

 

どちらか一方だけでなく両方を実践することが大事なのです。栄養のある食事を取って定期的に運動しているのに不健康な人は、精神的ストレスへの対処がマズいのでしょう。(こういう人がビーガンやベジタリアンに多い)

 

栄養のある美味しい食事を毎日食べて、身体を鍛えて、マインドフルネスを実践すること。これが免疫システムの働きを最大限引き出し、いつまでも健康を維持する秘訣です。

 

「〇〇をすればいい」とか「このサプリメントを飲めばいい」「酵素が・・・」といった魔法はありません。売りたい側のキャッチコピーです。

 

健康を維持して人生を豊かに過ごしたいのであれば、ある程度の勉強と訓練(対処法など)が必要です。健康に限らず楽をして何かを達成できることはないでしょう。

 

「簡単に」とか「楽に」といった言葉に振り回されずに、コツコツ勉強して実践し、自分の心と身体に向き合っていくしかりません。