「呼吸瞑想」と「呼吸法」の違いについて

「呼吸の瞑想(マインドフルネスも含めて)」と「呼吸法」を混同している人が多すぎます。指導者レベルの中にも呼吸の瞑想と呼吸法の違いを理解せずに、指導している人が少なくありません。

 

両者の違いを簡単に説明すると、呼吸の瞑想は主に心にアプローチする方法、呼吸法は主に身体にアプローチする方法と言えます。

 

もちろん心と身体を明確に別けることは不可能です。呼吸の瞑想をすることで身体に影響が及びますし、呼吸法をすることで心に影響が及ぶでしょう。

 

手法や考え方、効果について共通点がいくつかあるので、混同してしまうのも無理はありません。しかし呼吸の瞑想と呼吸法の違いをしっかりと理解して、取り組まないといけません。指導者の方やこれから指導者になろうと思う人は特にそうですね。

 

呼吸の瞑想と呼吸法はどちらが優れているとか、どちらの方が効果が高いのか?といったことではありません。

 

どちらも実践するだけの価値があり、目的や場面に応じて取り組まないといけないのです。そのためにもここからは、呼吸の瞑想と呼吸法の違いをお伝えしていこうと思います。

呼吸法について

まずは呼吸法です。

 

呼吸法は、呼吸を通して身体機能の向上、維持、改善を目的としたエクササイズです。やり方は無数にあるのですが、基本は無意識に行っている呼吸を意識に上げて、胸やお腹の動きを感じたりコントロールしていきます。

 

現代人の呼吸は浅いと言われています。呼吸が浅いと酸素が上手に取り込めないため、脳を始めとする全身の細胞の機能が低下します。これには諸説ありますが、多くの人を見る限り、呼吸が浅い人が多いのは事実でしょう。

 

なぜ呼吸が浅くなるのでしょうか?

 

継続的な精神へのストレスや運動不足によって生じる体幹の固さが大きな要因です。特に体幹の固さは呼吸にかなりの影響があります。

 

体幹が固くなると、肋骨の柔軟性が失われ動きが制限されます。肋骨の動きが制限されると肺の動きも制限されます。

 

試しに肋骨が動かないように両手で固定して、呼吸を行ってみてください。10秒もしないうちに息が苦しくなってくるはずです。

 

さてこれを読んでいるあなたの肋骨はどれくらい固まっているでしょうか?

 

猫背にならないように姿勢を取ってください。座った状態でかまいません。その姿勢のまま、思いっきり息を吸い込みましょう。胸の中に空気を限界まで入れていきます。(血圧の高い方や心臓にリスクのある方は注意してください)

 

これ以上、吸えないところまでいったら息を吐いて通常の呼吸に戻してください。

 

どれくらい胸が膨らみましたか?胸だけでなく背中側も膨らみましたか?お腹の動きはどうでしたか?胸や背中に痛みを感じましたか?

 

わかりにくい方は何回か行って確認してみてください。

 

あまり胸が膨らまなか人や途中で息が苦しくなった人、胸や背中に痛みを感じた人は肋骨が固まっている可能性が高いです。

 

それに伴い肺の動きも制限されており、酸素を上手く身体に取り込めていないかもしれません。

 

この状態は身体にとって大きなストレスであり、病気や不調の原因となるでしょう。身体だけでなく、心にも悪影響が及びます。

 

呼吸法は、呼吸を通してこの状態を改善するために行います。具体的には肋骨を中心とした体幹の柔軟性を高めて、呼吸と身体の連動を取り戻していくのです。

 

近年は筋トレやランニングがブームですが、呼吸法はそれ以上に有益なエクササイズです。現代人にとって必須でしょう。

呼吸の瞑想について

呼吸は私たちの気分や感情と大いに関係しています。呼吸法を行った後に、気分が良くなったとか、嫌な気持ちが消えたという経験をした人は少なくないでしょう。

 

「心と身体は同じもの」という視点で見れば、それは当たり前のことです。単純に肋骨が柔らかくなっただけでも、心の状態は変わるということです。

 

呼吸法の実践は身体へのアプローチですが、当然心の状態も変わります。ですから呼吸法と呼吸の瞑想を混同するのも無理はないでしょう。

 

呼吸法だけで十分な人もいますし、うつ病が呼吸法で改善したという報告も数多くあります。

 

呼吸法は呼吸の瞑想と比べて簡単で、効果も目に見えてわかりやすいですから、呼吸法だけで良いのでは?と考える人もいるかもしれません。

 

しかしそれは違います。呼吸の瞑想は、呼吸法にない大きな恩恵があるのです。

 

呼吸法は、身体機能を改善し、それに伴い心の状態も良くなります。呼吸の瞑想はそれにプラスIQアップ(思考力や集中力など脳全般)や圧倒的なメンタル強化など、呼吸法とは比べ物にならないほどのメリットがあります。

 

呼吸の瞑想は、呼吸法をしながら心の観察も同時に行っていきます。

 

呼吸を通して、頭の中に浮かんでくる思考や言葉、気分や感情の変化を囚われずに観察します。また余裕があれば外部環境(音や空気の動きなど)も観察します。

 

高い集中力が求められるのですがその分、非常に効果が高く呼吸法だけでは得ることの出来ないプラスがあります。

 

呼吸の瞑想に取り組む価値は十分にあります。「呼吸瞑想」のやり方はこちら

呼吸の瞑想を指導できる人は少ない

私が知る限り、瞑想の教室やセミナー、講座やヨガスタジオで呼吸の瞑想と呼吸法の違いや方法を明確に別けて、理解し教えている所はほとんどありません。

 

9割は呼吸法を呼吸の瞑想と言って指導しています。

 

彼らの話しを聞く限りでは、あえて嘘を教えている風には見えません。単純に知識不足、実践不足なだけです。

 

これまでに数多くのヨガインストラクターにマインドフルネス瞑想を指導してきましたが、呼吸の瞑想と呼吸法の違いを理解していたインストラクターは1割も居ませんでした。

 

数年前、試しにある場所(大手のヨガ教室)で「マインドフルネス瞑想」のレッスンに入ったことがあります。講師の方はきちんとしたヨガの資格を持っていた人です。

 

そのレッスンの中で行われていたのは、呼吸法と基本的なヨガのポーズだけだったので腰を抜かしたことがあります。マインドフルネスの要素は1ミリもありませんでした。

 

呼吸法と基本的なヨガのポーズでも、「囚われのない気づき」や「観察」の要素を入れればマインドフルネス瞑想になります。

 

しかしそれはまったくありませんでした。

 

講師も生徒もそれに疑問を持っている様子はまったくなく、講師の人は本気でマインドフルネス瞑想のレッスンだと思っていたのでしょう。

 

呼吸法と基本的なヨガが悪いのではありません。それをマインドフルネスと嘘をついてレッスンを行っているのが問題なのです。意図的かどうかは関係ありません。

 

指導者がこれでは生徒が出来ているはずがありません。お金を取って行っている教室がこれですから、自己流で取り組んでいる人はさらに酷い状態でしょう。(呼吸法すら出来ていないはず)

呼吸の瞑想と呼吸法の両方が大事

呼吸の瞑想と呼吸法は、どちらか一歩だけでなく段階的に両方に取り組んだ方が良いでしょう。

 

まずは呼吸法を徹底的に行い、呼吸と身体の基礎を作ります。呼吸と身体の基礎が十分でなければ呼吸の瞑想は出来ないからです。

 

呼吸が浅い状態では囚われのない観察は不可能です。(すでに囚われている)

 

呼吸法を3週間ほど行ってから、呼吸の瞑想に入るのが一般的です。100日修行と言って100日間、身体を作ってから瞑想に入るハードコアなやり方もあります。(こちらは現代人にとって現実的に難しい)

 

私の所では、これを同時に行います。呼吸の瞑想と呼吸法を同時に行うのは、少しコツが必要ですが慣れれば誰でも問題なく取り組めますし、別々に行うよりこっちの方が早いという印象です。

 

呼吸の瞑想と呼吸法の実践は、どちらも私たちに大きな恩恵を与えてくれます。違いをしっかりと理解して、ぜひ取り組んで欲しいですね。