慈悲の瞑想のやり方

仏教には「慈悲の瞑想」という慈悲を念じる実践があります。念じることで自分や他人、この世の生命すべてに慈しみの心を作ると言われています。

 

以下は「慈悲の瞑想」の言葉になります。

 

私は幸せでありますように
私の悩み苦しみがなくなりますように
私の願いごとが叶えられますように
私に悟りの光が現れますように
私は幸せでありますように(3回) 

 

私の親しい生命が幸せでありますように
私の親しい生命の悩み苦しみがなくなりますように
私の親しい生命の願いごとが叶えられますように
私の親しい生命に悟りの光が現れますように
私の親しい生命が幸せでありますように(3回) 

 

生きとし生けるものが幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように
生きとし生けるものに悟りの光が現れますように
生きとし生けるものが幸せでありますように(3回)

 

私の嫌いな生命が幸せでありますように
私の嫌いな生命の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな生命の願いごとが叶えられますように
私の嫌いな生命に悟りの光が現れますように 

 

私を嫌っている生命が幸せでありますように
私を嫌っている生命の悩み苦しみがなくなりますように
私を嫌っている生命の願いごとが叶えられますように
私を嫌っている生命に悟りの光が現れますように

 

生きとし生けるものが幸せでありますように(3回)

 

この言葉を毎日繰り返し、念じることで心が変わり、「禅定」に到達することもあると言われているのです。

慈悲の瞑想の違和感

本当に慈悲の瞑想の言葉を念じるだけで心が変わるのでしょうか?自分を含めた他の命にも慈悲や慈しみを向けることができるようになるのでしょうか?

 

答えはノーです。

 

いくら念じても言葉を繰り返すだけでは心が変わることはありません。(言葉と実践が伴えば変わる)心は自分の心の深い部分と向き合ったときにだけ変化が起こるのです。

 

慈悲の瞑想の言葉を念じてるときは、それに集中しているので余計な雑念(言葉)が浮かぶことはあまりありません。(言葉を慈悲の言葉で覆い隠すから)その状態を続けると次第に変性意識状態になります。変性意識状態に入ると、慈悲の心が自分に宿ったような感覚(錯覚)になることも珍しくありません。

 

人によってはこの状態が非常に心地よく「クセ」になる場合があります。これは念じることで軽い変性意識の状態になっているだけであり、酔ってる状態と何ら変わりません。人格や精神性が高まり、慈悲の心が宿ったわけではないのです。

 

そこに実践が伴っていなければ念じるのを辞めて、しばらくするとまた頭の中は雑念ばかりになるでしょう。雑念ばかりの自分が嫌だから、また慈悲の瞑想に取り組む。辞めるとまた雑念まみれの自分を繰り返すことになります。

 

問題なのは、これを繰り返すことで「囚われ」が強くなることです。(囚われが強くなると抱えている問題が悪化する)なぜなら慈悲の言葉を唱える(そこに逃げ込む)ことで、自分自身と向き合う力が弱くなり、慈悲の言葉に逃げ込むクセが習慣化(現実逃避)するからです。「慈悲の瞑想をしている自分は良い人間」という快楽もあるのでしょう。(こういう人がめちゃくちゃ多い)

 

慈悲の瞑想を繰り返すことで「人間関係がスムーズになる」「人間関係の問題が解決する」と語る人もいますが一般的に行われている慈悲の瞑想でそれはありません。人間関係の問題を解決したり良くしたいのであれば、まずは自分と向き合う必要があります。

 

自分と向き合い、自分のコミュニケーションや捉え方、考え方を真正面から観て対処しなければいけません。その上で他人と真正面から向き合う訓練を行います。これを繰り返し行うことで、人間関係の問題が解消されてコミュニケーションもスムーズにいくのです。

 

ここで実際に合った例を一つ紹介します。

 

ある50代の男性は10代の娘との関係に悩んでいました。様々な本を読んだりセミナーなどに参加して、コミュニケーション法を学びましたが娘との関係は一向に良くなりません。そんな時に「慈悲の心を持てば人間関係は上手くいく」という話しを聞き、某瞑想センターに通い慈悲の瞑想にのめり込みました。

 

半年間、瞑想センターに通った結果、この男性は「慈悲の心」を持って他人と接することが出来るようになりました。娘との関係は良くなったのでしょうか?無理でした。関係が良くなるどころか余計に悪化したのです。

 

慈悲の瞑想にしっかり取り組んだのに、なぜ娘との関係がより悪化したのか?わかりますか?

 

「慈悲の心」を持つと人間関係は悪くなる

その理由は「慈悲の心」を持ったからです。「慈悲の心を持つと他人に親切に優しくなれるのに、なぜ人間関係が悪化するのか?」と疑問に思う人がいるかもしれません。しかし「慈悲の心」を持つと人間関係が悪化するのは事実です。

 

慈悲の心とは「結果」です。結果的に慈悲の心が宿るのであり、慈悲の心は持つものではありません。慈悲の心を持とうとするのは、思考レベルの話しであり囚われることでもあります。

 

慈悲の心を持とう、持ちたいと強く望む人は慈悲の心の意味を自分勝手に解釈し、自分なりの慈悲の心を押し付ける人間になります。そのような人間は他人から見ると違和感の塊にしか感じません。気づかないのは本人だけです。本人は慈悲の心を持っていると思い込んでいるので、よりたちが悪いのです。(慈悲の瞑想をやたらと薦める人が気持ち悪いのはこういった理由)

 

先ほど紹介した男性が慈悲の瞑想に取り組んでから、娘との関係がより悪化した理由はまさにこれです。自分の思いや自分勝手な考え(都合よく解釈した慈悲)を娘に押し付けて接したのです。

 

本人は押し付けているつもりはなかったでしょう。しかし本人にそのつもりはなくても(意識上では)、雰囲気や態度、所作などに表れ違和感として(無意識に)全て相手に伝わります。その違和感をキャッチした娘は父に対する嫌悪感がさらに増したのでしょう。違和感は容易に嫌悪感に変わるのです。(恐らくこの男性は、娘だけなく他の方との人間関係は悪くなっているはず)

 

娘との関係を良くしたいと望んでいたであれば、この男性は慈悲の瞑想に逃げ込まずにしっかりと自分と向き合う作業をするべきでした。自分と向き合い次に娘と真剣に向き合う。人間関係の問題を解決するにはこの方法しかありません。

 

先ほどお伝えしたように慈悲の心は「結果」です。目の前の事に意識を向けて(マインドフルネス)、しっかりと感じるということに日々取り組む。それを繰り返していくとある時、自分の内側から感謝の気持ちが自然と沸いてきます。目の前のこと全てに感謝の心が浮かび上がり、それが次第に「慈悲の心」に変わるのです。

 

これがマインドフルネスの実践や瞑想に取り組むと慈悲の心が宿る理由。目の前で起きていることに向き合い、囚われを手放すという実践を繰り返すことでしか、慈悲の心は宿りません。慈悲の言葉を唱えるだけでは無理です。

 

唱えている時は心地よくなり慈悲心に包まれているような感覚(自分なりの解釈に過ぎない)になっても、唱えることを終えたら全て消えます。慈悲の心という言葉に囚われてはいけません。

慈悲の瞑想の本当のやり方

それでは慈悲の瞑想に取り組むことは何の意味もないのでしょうか?ただの現実逃避の方法に過ぎないのでしょうか?

 

それは違います。慈悲の瞑想はその「目的」を理解しきちんと取り組めば、自分の心がクリアになり結果的に慈悲の心が宿るのです。では慈悲の瞑想の目的とは何でしょうか?どのように取り組めば良いのでしょうか?

 

それは慈悲の瞑想の言葉を念じる自分と真正面から向き合うことです。例えば、「私の嫌いな生命が幸せでありますように」と念じたとします。この時、心の中に「でも嫌いな人のことを幸せと願えないよね」と浮かんでくるはずです。

 

浮かんでこないとは言わせません。浮かんでこない人はかなりの修行者でありそもそも慈悲の瞑想に取り組んではいないし、このホームページを読んではいないでしょう。

 

嫌いな人の幸せを願うことで、「そんなこと願えない」という気持ちや違和感が生じることに気づいてください。自分を客観的に見つめて何が自分の中で起きているのか?を囚われずに第三者的に観察するのです。

 

その生じた心に対して、「なぜ嫌いなのか?」「本当に嫌いなのだろうか?」と洞察し、自分の内面にしっかり向き合うことが慈悲の瞑想の本当の実践であり目的なのです。

 

嫌いな人に対して幸せを願っている自分に「酔って」はいけません。(酔ってる人は他人から見るとかなり気持ち悪い)慈しみを持ってると錯覚してはいけません。やってる「つもり」で自分は偉い人間になったという自己満足でもいけません。これは慈悲の心とは程遠い心であり、ただの囚われです。

 

慈悲の瞑想の言葉はすべて自分と向き合うためにあります 慈悲の瞑想は自分の内面としっかりと向き合う瞑想。そこに現実逃避や自己満足はありません。これはマインドフルネスの実践や瞑想そのものです。

 

自分と向き合うことを恐れずに、きちんと自分を観察してみてください。それが自分の内面を根底から変え、あらゆる問題を解決し結果的に慈悲の心が宿る人間になります。それには実践あるのみです。