慢性腰痛を克服する

世界五大医学雑誌であるLancetによると腰痛患者数は全世界で6億3200万人もいるそうです。日本では1000万人いると言われています。アメリカでは腰痛治療に年間1000億ドル以上も費やされており社会問題になっています。

 

腰痛には「急性腰痛」と「慢性腰痛」があります。腰痛の症状が出てから一か月以内であれば「急性腰痛」、三か月以上続く場合は「慢性腰痛」と分類されます。

 

また原因が特定できる「特異的腰痛」、原因が特定できない「非特異的腰痛」にも分類されます。「特異的腰痛」には腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腫瘍、感染、腹部大動脈瘤破裂などが含まれます。

 

「特異的腰痛」は腰痛全体の15%に過ぎません。残りの85%は「非特異的腰痛」。つまり原因不明です。MRIやCTで検査しても異常は見つかりません。慢性腰痛のほとんどが原因不明の「非特異的腰痛」です。原因がわからないので適切な治療が難しく、多くの人が慢性的な腰痛で苦しんでる現状があります。

 

しかし近年、その原因が痛みのある腰ではなく「脳」にあることが様々な研究でわかってきました。脳には身体の痛みを抑える部位が存在します。慢性腰痛の人達はこの痛みを抑える脳の部位が、継続的に受け続ける精神的ストレスなどで機能しなくなっている(機能低下)のです。 

 

精神的ストレスや精神状態が身体の痛みを増幅させたり、小さくさせることは以前からわかっていました。脳科学の発展によってその理由が解明されました。精神的ストレスや精神状態によって、脳の中にある痛みを抑える部位のスイッチがオンになったりオフになったりするのです。(痛みの記憶回路が活性化することも原因としてある)

 

腰痛に限らず、肩こりや首の痛み、頭痛や腹痛も同じ原因で生じることがわかっています。精神的ストレスを強く感じると頭が痛くなったり、肩が凝ったりという経験をしたことがありませんか?その痛みは精神的ストレスによって痛みを抑える部位のスイッチがオフになったことが原因なのです。

 

実際にアメリカやオーストラリアでは、精神的ストレスの軽減や精神状態を安定させる方法を慢性腰痛の患者に実施しています。代表的なのはうつ病を始めとする精神疾患の治療などで用いる「認知行動療法」で、一定の成果を上げているそうです。

 

数年前にオーストラリアのペインクリニックで働く医師が、マインドフルネスを学びに大阪・天満橋マインドフルネス研究所を訪れてくれました。その時に慢性腰痛は身体にアプローチする物理的治療から心にアプローチする精神的治療にシフトしているという話しなどをしてくれました。

 

マインドフルネスも慢性腰痛に有効な治療法ということで、その医師はマインドフルネスを学びに来られたのです。マインドフルネスが医療に導入されたのは、慢性疼痛の患者へのアプローチが最初です。導入したのは、マインドフルネスの第一人者であるカバットジン博士。

 

カバットジン博士は自身の瞑想経験から、マインドフルネスの実践や瞑想が身体の痛みを消し去るのに有効とわかっていたのでしょう。慢性疼痛の患者へのアプローチではかなりの成果を上げたそうです。

 

精神的ストレスが身体の痛みを誘発するのであれば、マインドフルネスの実践や瞑想が慢性腰痛に効果があることは、脳科学の研究結果を見なくてもわかることです。

 

私自身もぎっくり腰の経験が何度かありますが(車に撥ねられてから起こるようになった)その都度、マインドフルネスの実践(精神のコントロール)で痛みを軽減し数時間で日常生活を難なく送れるくらいに何度も回復させています。

 

マインドフルネスのパーソナルトレーニングや講座を受講している方の中にも、長年悩んでいた腰痛や肩こり、頭痛が軽減したという声が多く、下手な治療や薬よりもはるかに効果があることを確信しています

 

MRIやCTで検査しても異常が見つからず、どんな治療を受けてもその場限りで慢性的な痛みがなくならないという人は、心にアプローチをした方が良いのかもしれません。

 

心へのアプローチは認知行動療法やその他の心理療法でも良いと思いますが、日本では身体の痛みに心理療法を用いる病院やクリニックはほとんどありません。理解のある医師と出会うか、自分自身で勉強し取り組むしかないのが現状です。

 

私の経験上では、認知行動療法などの心理療法よりもマインドフルネスの方が効果的と認識しています。マインドフルネスには痛み改善だけでなく、様々なプラスの効果があるのでマインドフルネスを強くおススメします。

筋肉の緊張がさらなる痛みを招く

ここまで慢性的な腰痛(身体の痛み)は、脳の中にある痛みを抑える部位のスイッチがオフになることで生じており、その原因は精神的ストレスだとお伝えしました。

 

実は慢性腰痛(身体の痛み)の原因はもう一つあります。それは継続的な筋肉の緊張です。筋肉が必要以上に緊張(固くなっている)することが続くと、その部位に痛みが生じるのです。

 

マッサージを受けると痛みが改善した経験はありませんか?マッサージを受けると痛みが改善する理由は単純で、固くなっていた筋肉の緊張が解れるからです。(マッサージは精神的ストレスの軽減も痛みの改善に寄与している)

 

お風呂に入ることでも痛みが改善することもあります。それは筋肉は温めると解れるという性質があるからです。温めることで筋肉が柔らかくなり(血流も改善することで)痛みが改善するのです。ストレッチやヨガも筋肉を柔らかくするので身体の痛みに関して有効です。

 

筋肉は固くなると(内臓も)その部位に炎症物質が増大します。炎症物質が痛みを生じさせるのです。血流を良くすることでも痛みが軽減する場合がありますが、血流が良くなることで炎症物質が洗い流されるからです。基本的に筋肉は固くなると血流が悪くなります。痛みが強い部位の体温が低いのは血流が悪いからです。

 

筋肉が慢性的に緊張(固くなる)する最大の理由は、精神的ストレスと身体のクセにあります。精神的ストレスは自動的に身体を固くさせます。精神的ストレスは生存への脅威であり、身体を臨戦態勢にさせます。臨戦態勢になると筋肉は固くなります。

 

一時的な精神的ストレスであれば、筋肉の緊張も一時的に終わり自動的に解れるのですが、継続的な精神的ストレスではそういうわけにはいきません。精神的ストレスが続いている間は、筋肉も緊張しっぱなしです。

 

また痛み自体がさらなる精神的ストレスを生み出し、痛みをより強く慢性化させることがあります。「この痛みはいつまで続くのだろうか?」「何か重大な病気のサインでは?」「明日の仕事に響いたら嫌だな」といった思考が精神的ストレスを増大させるのです。腰痛に限らずあらゆる痛みへのアプローチは、身体だけでなく心にも絶対に必要と考えています。

 

筋肉が慢性的に固くなるもう一つの原因は身体のクセです。身体のクセとは自分では意識しない姿勢や歩き方、身体の動かし方のことです。姿勢や身体の動かし方が、身体にとって理にかなっていないとき、筋肉などに無駄な緊張が生じます。

 

理にかなわない姿勢や動きは身体に負担をかけます。その負担を軽減しようと(負担を分散させるため)必要以上に筋肉が使われます。もちろんこれは無意識です。この無意識の行為が筋肉の無駄な緊張を招くのです。

 

ヨガや筋トレをすると腰痛や肩こりが治る人がいますが、それは姿勢や身体の動かし方が一時的に改善されたことによるものです。常に同じ姿勢を続けたり、自分の身体に無頓着であれば悪いクセがつきやすくなるでしょう。

 

身体のクセを改善するためには、常に自分の身体に意識を持っていき「どこに力が入っているのか?」とチェックする(ボディスキャン)ことです。その他には一日のうちに何回かストレッチやヨガなどを行うと良いでしょう。ストレッチやヨガは筋肉を柔らかくしてくれます。その場合は全身をまんべんなく伸ばしてください。

 

こういった地道な行為が、腰痛を始め身体の痛みの予防や改善をもたらしてくれるのです。薬に頼ったり、他人(医者)に頼るのではなくまずは自分の身体を信じて自分で治すことを心掛けてください。

慢性腰痛・慢性肩こりの為のエクササイズ