断食について

断食は何千年も前から行われてきた健康法の一つです。断食をすることで病気が治ったり、老化の速度が遅くなったりという効果があるとされています。

 

また断食はただの健康法に留まらず、「神に近づく」といった宗教的側面もあるようです。(あらゆる宗教やヨガの教えの中に断食が様々な方法で実践されている)

 

近年では、断食は主に健康を維持する目的だけではなく、スポーツやビジネスでのパフォーマンスを向上させるために実践する人が増えています。

 

一昔前は「食べないと身体に悪い」という認識が一般的ですが、「食べない方が身体に良い」という認識が徐々に広がっています。

 

現代人は必要以上に食べ過ぎであり、食べ過ぎが病気の原因の一つということがわかってきたからでもあります。

 

ここからは断食のメリットやデメリットを紹介していきます。断食に興味があり、これから断食を始めようと考えている人は、一つの参考にしてもらうと幸いです。

断食の方法

断食には様々なやり方があります。

 

プチ断食と呼ばれる半日断食、一週間は水分以外摂取しない断食、野菜ジュースやフルーツジュースだけを摂取する断食、専門家による指導の元での1か月断食合宿などもあります。

 

最近、多くの人が取り組んでいるのが12時間~16時間は何も食べない半日断食です。2016年に大隅教授がオートファジーの仕組みを解明してノーベル賞を取ったことがきっかけで広がった断食法です。

 

オートファジーとは古くなった細胞を食べてリサイクルしてくれる働きのことです。病気や老化は古くなった細胞が蓄積されることによって起こります。

 

オートファジーは12時間以上、何も食べないことで機能することがわかっています。つまり半日断食。

 

オートファジーをしっかり働かせて古くなった細胞をデトックスしていけば、病気になりにくく、アンチエイジングにも有効ということで多くの人が半日断食を実践し始めたのです。

 

半日断食は取り組みやすく、食べ過ぎの現代人にとっては効果も出やすいので健康を維持するためにとても良い方法ではないでしょうか?

断食で寿命が延びる?

現代人は食べ過ぎです。身体が求める以上に食べています。いつでも好きな物を食べることが出来る環境が整っているのと、身体の感覚が鈍感になっていること(身体のメッセージを受け取れない)、過剰な精神的ストレスが食べ過ぎてしまう原因でしょう。

 

身体が求める以上に食べる状態が続くと、食べたものは蓄積されていきます。それが肥満です。

 

肥満は全身の細胞の炎症を引き起こします。(肥満になる過程ですでに炎症を引き起こしている)この炎症が病気を発症させたり、老化を促進するのです。

 

また食べるということは、何らかの毒を摂取することでもあります。自然に取れる野菜や果物にも毒は含まれています。(身体の機能が正常であればこれらの毒は無害になる)

 

食べる量が多くなるほど、体内に取り入れる毒も増えるのです。特に現代食には自然に取れる食べ物をはるかに超えた毒が含まれています。(農薬や化学物質、薬など)食べ過ぎることは毒の排泄を毒の蓄積が上回り、全身の炎症を拡大させるのです。

 

こういった理由から現代人に定期的な断食は非常に有効でしょう。

 

断食をすることで寿命が延びると言われていますが、断食をすると結果的に食べる総量が減少するので、毒の蓄積量が減って炎症を起こしにくい身体になるのがその理由ではないかと考えられます。

 

ここまで読まれてきて断食に興味が出てきた人もいるかもしれませんが、そんな人には半日断食をおススメします。

 

数日以上、何も食べない本気の断食は断食未経験の人にとってはハードルが高すぎます。無理に行うと身体に悪影響があります。

 

それに比べてオートファジーを働かせる半日断食(12時間以上)はそれほど難しくありません。誰でもすぐに実践することが可能です。

 

12時間の断食には寝る時間も含まれるので、夜の7時にご飯を食べたとしたら次の日の朝7時にはご飯を食べても良いわけです。16時間の断食をするとしても朝ご飯を抜けばいいわけです。これなら朝の空腹を少し我慢すれば大丈夫です。すぐに出来るでしょう。

 

毎日3食をしっかりと食べていた人は、最初の数日間は空腹感がきついと感じるかもしれません。頭もぼ~っとしエネルギーレベルの低下を感じることもあるでしょう。

 

しかしそれは慣れの問題で3日~1週間も行うと逆に楽になります。食べたいという欲求も減少し、余計な体重も減少します。

 

慣れないうちは週末など、週に2日くらい行い、慣れてきたら毎日行うと良いでしょう。そこから徐々に食べない時間を長くして数日の断食にチャレンジすることも可能です。

 

もちろん無理は禁物です。初めて数日以上の断食にチャレンジする場合は、専門家の指導を受けることをおススメします。(慢性疾患などを抱えている方は必ず主治医と相談すること)

断食は身体に悪い?

ここまで読んできて、断食を実践してみようと思った人の気持ちに水を差すかもしれませんが、断食のデメリットや身体への悪影響も紹介していきます。何事もメリットだけでなく、デメリットも理解して実践しなければいけません。

 

断食の代表的なデメリットは「リバウンド」です。

 

食欲というのは全ての生き物に備わっている本能です。生物は食べないと生命を維持することが出来ません。(不食の人もいますがそれは例外として)

 

断食はその本能を意図的に絶つ行為です。意思の強さと我慢が求められますが、多くの場合、我慢は長く続きません。(どれくらい続くは個人差が大きい)

 

その我慢が破綻すると反動で、減ったエネルギーを取り戻そうと過食するリスクが圧倒的に高くなります。反動で過食した結果、断食をする前より体重が増えたり、体調が悪くなったりということが起きるのです。

 

断食をするのであれば、断食を終えた後のことも考えてプログラムを立てなければいけません。先ほどおススメした朝ご飯を食べない半日断食も昼と夜に食べ過ぎてしまえば、何の意味もないわけです。

 

ですから断食を実践するのであれば、明確な目的(長期的な)とある程度の強い意思が必要です。

 

断食のデメリットはもう一つあります。それは断食をすることで逆に病気になりやすい身体になるリスクがあることです。

 

半日断食(12時間~16時間)くらいであればそれほど悪影響はありませんが、1日以上の断食はストレスホルモンの分泌が有意に増えることがわかっています。

 

何も食べない時間が60時間を超えると分泌されるストレスホルモンはかなりの量になり、体内の炎症を加速させ病気のリスクを上昇させると言われています。

 

私たちの身体は食べない時間が長くなると(糖が入ってこなくなると)、蓄積している体脂肪をメインのエネルギー源にします。(普段は糖がメインのエネルギー源)

 

糖ではなく脂肪がメインのエネルギー源になると、体内の炎症レベルは上昇します。(糖が入ってこなくなるとストレスホルモンの分泌が増えるため)炎症レベルが上昇すると体内は「病気を引き起こしやすい場」へと変わります。(長期間の糖質制限も同様のリスクがある)

 

断食を行うと2日目くらいで肌荒れが酷くなったり、体臭がきつくなったり、体調が悪くなることがありますがそれはストレスホルモンの分泌が増えることで起こる症状です。(蓄積された脂肪が分解されて血液に乗り全身に回ることでそれぞれの部位で炎症を起こす)

 

これを好転反応としてポジティブに捉える人もいますが、身体にとっては危険な状態です。長期間、身体に食べ物が入ってこない状態(特に糖)は生存本能からすれば危機的状況であり、ストレスでしかありません。

 

このような理由からは、私はクライアントや講座の受講生に1日以上の断食をおススメしていません。

 

私自身も半日断食(16時間くらい)を実践していますが(朝ご飯を食べたくないので結果的に半日断食になっている)それ以上の長い断食をすることはありません。(過去にはある)

 

もちろん断食の悪影響は個人差があるので一括りにすることは出来ません。数週間の断食をすることで、難病が治り、体調が良くなった人は実際に存在します。(身体が悪くなった人もたくさんいる)

 

また不食と呼ばれる水だけで何年も元気に過ごす人もいます。インドには水すらも飲まず光合成で何年も生きている人がいるそうです。(人間の身体はわからないことが多い)

 

断食のメリット、デメリットについてはここで紹介したものも含めてたくさんの理論やエビデンスがあります。それらは参考程度にして断食の効果を妄信せずに、自分の身体で試す方が大事でしょう。