気功について

あなたはどうしてマインドフルネスの実践や瞑想、座禅に継続して取り組むと、気功が使えるようになるのかご存知ですか?

 

マインドフルネスの実践や瞑想を続けると、気功が自然に使えるようになります。事実、プロの気功師達が行うトレーニングでもマインドフルネスは重要視されています。マインドフルネスの習熟度によって気功のレベルが変わると断言する気功師もいるくらいです。

 

もちろんマインドフルネスの実践や瞑想を行ったからといって、誰もが他人の病気を治すことが出来る気功師のレベルに達するかどうかはわかりません。そもそもマインドフルネスの実践や瞑想は、気功を身に付けるために行う目的で取り組むものではありません。

 

しかしマインドフルネスの実践や瞑想を正しく継続していけば、確実に気の存在を感じることが出来るようになります。気の存在を感じることは、私たちの心と身体の健康の維持と増進に必要不可欠です。

 

気の存在を感じることが出来るようになると、次第にそれをコントロールすることが出来るようになります。気のコントロールが上手くなるほど、自分の心と身体のコントロールも上手くなります。それがある時、他人にも気を送れるようになるのです。

 

そこを目指すかどうかは別として、自身の気を感じてコントロールする能力は、感じる力が退化した頭でっかち現代人にとって物凄く大事な事です。なぜ大事なのか?は気の存在を感じることが出来て初めて腑に落ちるでしょう。ぜひマインドフルネスの実践や瞑想に取り組んで、気功(セルフ気功)を身に付けて欲しいと思います。

 

それではまず気功とは何か?ということをお伝えしていこうと思います。

気功はオカルトなのか?

気功と聞くと「うさんくさい」「オカルトだ」「怪しい」と思う人は少なくありません。「そんなことで病気が治るのだったら病院や医者はいらないよ」と否定する人を何人も知っています。

 

どれだけの日本人が気功をうさんくさいと考えているのでしょうか?統計を取ったわけではありませんが、大半の人はそう考えているように見受けられます。

 

少数ですが、「いろいろな病院で診てもらってもダメだったが、ダメ元で気功を受けたら治りました」「気功で末期ガンが治った」「難病が完治した」「半身不随を克服した」という人達が本当に存在しています。

 

もしかしたらそれは偶然かもしれません。他の治療が遅れて効いていたり、実は元々大した病ではなかった(誤診)のかもしれません。だからといって「気功はオカルト」「気功で病気は治らない」と決めつけるのは無理があります。

 

科学を信仰する現代人は、医学の力をかなり信じています。「医学は気功と違って科学的に検証され証明されている。だからよくわからない気功よりも医療の方が信頼できる」と信じたい気持ちはよくわかります。

 

しかし医学の方が正しいという思い込みは危険です。医学、特に日本で(世界中で)主流となってる西洋医学はここ100年や200年の歴史しかありません。その中でかなりの経験を積み重ね、様々な発見がありましたが、まだまだ身体のことはわからないことだらけです。

 

「世紀の発見」「これまでにない効果」と言われた治療や薬が、数年後にはほとんど効かないことが判明したり、世間の人が知らないままこっそりと消えていったものがたくさんあります。いまだに風邪のメカニズムや治療法すらわかっていません。

 

このような状況で気功よりも医学の方が効果的で信頼できるというのは、少し偏り過ぎているのではないでしょうか?

 

そもそも医学は科学ではありません(再現性がまったくない)。誤解している人が多いのですが、医学の大半に科学的根拠はありません。「エビデンスがあるので証明されている」という言葉が最近は目に尽きますが、医学のエビデンスはいくらでも結果を操作することが可能です。

 

統計のプロがいじれば同じ研究結果でも「効果がある」「効果がない」と自由に結論付けることが出来ます。その匙加減は「資金がどこから出ているのか?」「誰がスポンサーか?」によって決まります。そこに公平性はありません。

 

現代では中立的な医学エビデンスは非常に少ないと言われています。医療は完全にビジネスになってしまったからです。それについては詳しく調べなくても、世の中で起きていることを囚われのない心で観れば感覚的にわかるでしょう。(今起きているコロナ騒動を抽象度を上げて観てください)

 

たしかに医学的な治療や薬で病気が治る例はたくさんあります。そのおかげで命を取り留めた人も多くいるでしょう。しかし医学で治っていると言われる病気はプラセボ(思い込み)の可能性を排除できません。救急や外科的治療はプラセボではありませんが、内科的疾患や精神疾患に関しては「何が効いたのか?」を証明することは不可能です。

 

薬が効いたのか?手術したのが良かったのか?栄養状態が改善されたからなのか?環境が整ったから?季節が変わったから?精神的ストレスが軽減したから?運動をして体力がついたから?人間関係の問題が解消されたから?など無数の要因が免疫システムや身体の機能に影響を与え、健康になったり病気を発症したりするのです。

 

何が原因なのか?を特定するのは不可能です。医学のエビデンスはほんのわずかの要因を取り上げて、数字をいじって「効果がある」「効果がない」と述べているだけで、信頼性はほとんどありません。

 

だからと言って「気功の方が信頼できる」ということではありません。気功も現代の医学と同じくその効果を科学的に証明することは出来ないでしょう。私が言いたいのは一方的に気功は現代医学よりも胡散臭いと考えてはいけないということです。

 

「気」とはエネルギーのこと。

気功は何千年も続いてきた心身を養生する方法です。ただのオカルトであれば瞑想やヨガと同じように何千年も続くことはありえません。頭ごなしにオカルトとばっさり切るのではなく検証が必要でしょう。(科学的にも様々な研究は行われているが)

 

私自身の経験では気は間違いなく存在し、気功には何らかの効果があると確信しています。マインドフルネスの実践や瞑想、禅などを長年取り組んでいる人の多くは同じように感じているそうです。

 

気」は目に見えないから気功は胡散臭いと考える人も多くいますが、日本人は昔から気を身近に感じていた民族でした。その証拠に日本には「気」を使った言葉がたくさんあります。

 

「気を付ける」「気を使う」「気にする」「気が合う」「元気」「雰囲気」病気」「勇気」「天気」「気を配る」「気配」「気の持ちよう」といった言葉が現代でも溢れています。

 

私たちは日常的にこれらの言葉を違和感なく使っています。日本にたくさんの「気」言葉が存在する理由は簡単です。日本人は「気」の存在を確実に認識していたからです。そして実際に「気」を使いこなしていたからです。でなければ多くの「気」言葉が日常生活の中で使われることはありません。人間は言葉で思考して、言葉を通して世の中を見ているからです。

 

気はオカルトではありません。確実に存在します。(正確に言えば存在はするが実在はしない)その存在を感じとれるか、感じ取れないかの差なのです。

 

それでは具体的に気とは何でしょうか?

 

かりやすく言えば、気とはエネルギーのことです。気は私たち人間を含め、全ての動植物が持っているものです。生きているとはそこにエネルギーがあるということ。「気」をエネルギーとして捉えるとその存在が身近になりませんか?

 

例えば、疲れている人や病気で弱っている人はエネルギーが小さいと感じたことはありませんか?反対に元気な人に対してはエネルギッシュだと感じるでしょう?

 

私たちは話しをしなくても見ただけで、その人から発するエネルギー、つまり「気」を感じとってしまうのです。(頭でっかちな鈍感な人は感じ取れない)

 

もちろん気功や気の存在は、科学では解明されたわけではありませんが、常識ある科学者の多くも気の存在を認めています。アメリカやヨーロッパでは「気功は保険適用に出来ないか?」と政府が真面目に議論しています。

 

ヨーロッパのお金持ち(貴族たち)は病気になると病院には行かず、ヒーラー(気功師)に治療を頼みます。(直接当人に聞いたので間違いない)

 

それもそのはず。彼らは製薬会社や病院のオーナーで「仕掛ける」側です。現代医学のメリット、デメリットを知り尽くしています。薬やワクチンにほとんど効果のないことや、現代医学に科学的根拠(エビデンスの嘘)がないことをよく知っているでしょう。だから自身(身内)の治療には副作用のない気功を選択するのです。

 

ちなみに気功とヒーリングは同じものです。エネルギーを利用して他者に何らかの影響を与える方法を東洋では「気功」、ヨーロッパでは「ヒーリング」と呼びます。呼び方や手法に違いがあるだけで本質的な差はありません。

 

気功とは私たちが感じ取れる「気」をコントロールして自分や他人に影響を与える技術のことです。気の存在を認識して、気のコントロール法をトレーニング(瞑想など)していくと自分だけでなく、目の前の人にも影響を与えることが出来るようになります。健康にしたり、病気を治したりといったことが実際に出来るようになるのです。

 

日本では、小児科や外科などのあらゆる分野の医者によって作られた「日本統合医療学会」で数多くの臨床例が発表されています。気功は医者や科学者も注目しています。興味のある人はいろいろと調べてもらうと良いでしょう。

気功を習得する方法

気功を習得するために、気功を教えてくれる教室やセミナーに参加しようと考える人もいると思いますが、注意が必要です。気功といった目に見えないものは、それを提供する人(指導者や講師)の良し悪しを素人が判断することは非常に難しいのです。見えないものですからいくらでも誤魔化すことが出来ます。(プロが見れば一目瞭然ですが)

 

お金と時間を使って学ぶのであれば、信頼できるきちんとした指導者に習いたいと誰もが考えるはずです。そこで気功についての知識がまったくない人でも、指導者や講師の良し悪しを見極める方法をお伝えします。

 

その方法は簡単です。「見た目」で判断してください言ってる内容やホームページの綺麗さなどは無視して見た目で選んでください。

 

見た目で判断する理由は、見た目に内面がかなり表れるからです。気功師と名乗っている人や気功の教室やセミナーを主催している人を見ると色白で細く(あるいは太っている)不健康そうな人がけっこういます。そんな人がどれだけ凄いことを言っていても信頼しないでください。

 

なぜなら気功をきちんと実践していれば、不健康そうな見た目になるはずがないからです。気功は心身の健康を保ち増進する方法です。不健康そうな見た目の時点で気功の実践に取り組んでいないはずです。

 

そんな人から何が学べるのでしょうか?ダイエットを自身で一度も成功させたことがない太っているトレーナーにダイエット指導を受けないでしょう?

 

もちろんここで言う「見た目」とはイケメンや美人といった生まれつきの顔の造りのことではありません。発する雰囲気や後天的に造られた外見のことです。気功の先生の見極め方についてはこちらのページも参考にしてみてください→マインドフルネス指導者の選び方

 

主にマインドフルネスの指導者の見極め方についてお伝えしていますが、気功の指導者を見極めるヒントにもなるはずです。

 

気功を身に付けるためには、マインドフルネスの実践や瞑想に取り組むのもおススメです。最初にお伝えしましたがマインドフルネスの実践や瞑想に継続して取り組むと気功が使えるようになります。その理由はマインドフルネスを実践することで気(意識)のコントロールが嫌でも上手くなるからです。

 

マインドフルネスに関しては

 

8週間プログラム(パーソナルトレーニング)

大阪マインドフルネスセミナー&講座

 

で学ばれることをおススメします。