糖代謝について

糖代謝とは聞きなれない言葉かもしれませんが、私たちの心身の健康を保つ上で非常に重要です。

 

その機能を簡単に説明すると、食事から摂取した糖を細胞に取り込み、貯蔵し、必要な時はエネルギーとして利用するシステムです。

 

糖代謝は糖尿病の発症にも大きく関係しています。糖代謝の機能が低下すると、細胞が糖を取り込めなくなります。細胞が糖を取り込めないと、糖は行き場を失い血液中に糖が溢れることになります。

 

血糖値が高い人の体内では、このようなことが起きています。

 

糖代謝が機能している人では、糖を大量に摂取し一時的に血糖値が上昇しても、細胞が糖を取り込んでくれるので(特に筋肉)血糖値は時間と共に安定ラインまで低下します。

 

しかし糖代謝の機能が低下している人は、細胞が糖を取り込めないため血糖値が下がりません。糖が血液中をさまよった状態。しかも大量に。

 

これが長期間、続くと細胞は致命的なダメージを負い壊死します。(手足の切断や失明、腎機能の破壊など)糖尿病です。

 

糖代謝の機能の低下は糖尿病リスクだけではありません。糖代謝は免疫システムと大きく関係しており、糖代謝の機能が低下すればあらゆる病気のリスクが上昇するのです。

免疫システムと病気

ここからは免疫システムの話しとなります。免疫に詳しい方や仕組みに興味のない方は飛ばしてもらって大丈夫です。

 

免疫システムには「自然免疫」と「獲得免疫」があります。

 

「自然免疫」は侵入してきた病原体(細菌やウイルス、バクテリアなど)や異常になった自己の細胞(劣化したタンパク質など)を非特異的(免疫記憶なしに)に感知し直接排除します。

 

この時の主役は「マクロファージ」や「好中球」などの白血球です。(近年、自然免疫にも記憶をもって病原体を攻撃することがわかっている)

 

「獲得免疫」は感染した病原体を特異的に見わけ、それを記憶します。記憶することで次に同じ病原体に出会ったとき、非常に効果的に排除するのです。記憶に従って病原体を攻撃するのは「Tリンパ球」と「Bリンパ球」です。

 

「Tリンパ球」は病原体をダイレクトに攻撃し、「Bリンパ球」は抗体を速やかに作って病原体を排除します。

 

身体に備わったこのような機能が正常に働くことで、病原体から私たちを守るというわけです。

体内のゴミが病気の原因

免疫システムの働きは、体外から入ってきた病原体や異物を排除するだけではありません。体内で生まれたゴミ(劣化した細胞など)を排除する働きもあります。

 

代表的なものがマクロファージや好中球による食作用です。これらの白血球細胞は、細胞内のゴミをバクバク食べて消化し無害化します。

 

体内で生まれたゴミを放置すると、そのゴミから毒物が生じ細胞にダメージ(炎症)を与えます。

 

そのメカニズムを赤血球で説明します。赤血球は寿命が120日と言われています。120日立つと赤血球は機能が低下し、働きを止めます。

 

働きを止めた赤血球がそのまま放置されると、劣化した鉄(毒性を持っている)が血液中放出されます。

 

それが血流に乗って全身を循環し臓器を始め、各細胞がダメージを受けます。これが炎症を引き起こし、様々な病気のリスクが高くなるのです。

 

免疫システムが正常に働いていると、マクロファージや好中球が役目を終えた赤血球を速やかに食べてくれます。

 

私たちの体内では日々、このような食作用というゴミ掃除が行われているので健康を保つことが出来ているのです。

 

近年、話題になったオートファジー(自食作用)もゴミ掃除に大きな貢献をしてくれています。オートファジーは主に、ダメージを受けたタンパク質やミトコンドリア、異常タンパク質を食べて分解し、再利用してくれます。

 

オートファジーは飢餓などのストレス下で活性化すると言われており、飢餓で食べ物が入ってこない時でも劣化したタンパク質や細胞を食べてリサイクルすることで、エネルギーを確保するありがたい機能なのです。

 

逆に言えばオートファジーが働かないと、劣化したタンパク質などのゴミがどんどん蓄積されることになります。

 

アルツハイマー病がそれです。オートファジーが働かないとアミロイドβという異常タンパクが神経内に蓄積されます。その結果アルツハイマー病が発症するのです。(アミロイドβは関係ないという説もある)

 

老化も劣化したタンパク質や異常タンパク質が原因です。オートファジーを活性化することで老化のスピードを遅らせることが出来ます。

 

オートファジーは16時間以上(4時間で)の断食で活性化することがわかっています。断食は健康に良いということで、何千年も前から行われてきましたが、それが科学的に証明されたわけです。定期的な運動でもオートファジーは活性化すると言われています。

 

逆にオートファジーの働きを低下させる行為もあります。それは過食です。特に高タンパク、高脂質の食事はオートファジーをストップさせます。

 

昔から言われてきた、腹八分の食事、運動が健康に良いという話しは正しかったのです。

ガンも体内のゴミが原因

体内で生じたゴミは、細菌やウイルス、バクテリアのエサにもなります。つまり体内にゴミが多いほど、細菌やウイルスは増殖しやすいということです。

 

増殖した細菌やウイルスはエサをさらに増やそうと炎症を引き起こします。炎症で生じたゴミをエサにさらに増殖するという悪循環が生まれるのです。

 

炎症で生じたゴミは、アレルギー疾患や自己免疫疾患、ガンの原因と言われています。

 

ガンの発症は免疫が関係しているという話しを聞いたことがあるかもしれません。それは免疫システムの弱化→ゴミが増える→ゴミをエサに細菌やウイルスが増殖→炎症の拡大→がん細胞が増えるという仕組みになっているからです。

 

免疫システムは外から入ってきた病原体の排除と、体内で生じたゴミ掃除を日々行ってくれています。これがどれだけありがたいことかわかってもらえたでしょうか?

糖代謝機能の低下=免疫システムの機能の低下

免疫システムが正常に働いていれば、病原体の排除と体内のゴミ掃除が行われるので病気になることはありません。

 

しかし何らかの理由で免疫システムの働きが低下することがあります。その最大の理由は、糖代謝の機能低下です。免疫システムの働きと糖代謝の機能は比例関係にあります。

 

簡単に言えば免疫システムを最大限働かせたいのであれば、糖代謝の機能を高めれば良いのです。

 

糖代謝の機能を高める方法はそれほど難しくはありません。その方法は糖をしっかりと摂取すること、そして運動(筋トレがおススメ)を定期的に行うことです。

 

筋トレの効果について①

筋トレの効果について②

 

運動、特に筋トレは糖をメインのエネルギー源にしています。運動をして糖を使えば使うほど、糖を利用する能力(糖代謝機能)が向上します。逆に運動不足が続くと糖を利用する能力が低下し、糖代謝機能が低下します。

 

運動をしていても、糖の摂取が十分でなければ糖代謝の機能は上がりません。(脂質がメインエネルギー源になるため)

 

昔から運動している人は病気のリスクが低いと言われていたのは、運動することで糖代謝が上手く回り免疫システムの働きが正常化するのが理由です。

 

糖代謝を低下させるのは運動不足だけではありません。高脂肪食も糖代謝機能を大きく低下させます。特に植物性の脂質(オメガ6)や魚の脂質(オメガ3)は糖代謝の機能を著しく低下させることがわかっています。(特にオメガ3がヤバい)

 

植物性の脂質(オメガ6)はありとあらゆる食品に含まれています。揚げ物、ファーストフード、スナック菓子、洋菓子には大量の植物性の脂質が使用されています。(成分に植物油脂と書かれてある食品は避けた方がいい)

 

コンビニで売られているおにぎりやお弁当の白米にも、わざわざ植物性の脂質がコーティングされています。

 

糖代謝の機能を高めて免疫システムを正常に働かせたいのであれば、植物性の脂質(オメガ6)と魚の脂質(オメガ3)を出来るだけ避けることです。

 

それと同時に定期的に運動を行い、良質の糖(蜂蜜や果実)を日常的に摂取することです。(糖が太ると思っている人が多いのですがそれは大嘘)

 

炭水化物は太らない

糖質制限について

 

特に50歳前後くらいから糖代謝の機能は低下していくので今一度、生活習慣、食習慣を見直した方が良いかもしれません。