記憶力を高める方法

数年前の話になりますが、私のところにマインドフルネスのパーソナルトレーニングを受けに来られていた60代のご婦人が「人生の中で今が一番記憶力がいい」と興奮して私にお話してくれました。頭の回転も速くなりマインドフルネスに取り組む前と比べて、人の話しもよく聴けるようになったそうです。

 

一昔前は「年を重ねると脳の機能は低下する。脳力(IQ)は20代がピーク。」と言われていました。しかし今ではそれが間違いということがわかっています。脳は身体と違って成長がかなり遅く「脳のピークは60代くらい」とある脳科学者は断言します。

 

脳力(IQ)にも様々あり20代でピークを迎える脳力もあれば、歳を重ねるほど高まる脳力もあるそうですが脳力全体で考えると年齢は関係ないというのが現時点での見方だそうです。

 

ではなぜ多くの人は年を重ねるほどに脳力(IQ)が低下すると感じるのでしょうか?答えは簡単です。歳を重ねるほどに脳を使う頻度が低下するからです。

 

事故などで足を負傷し、1か月ほど入院で足をまったく動かせずに寝たきりになった人の足はありえないくらい細くなります。負荷のかからない宇宙空間で過ごす宇宙飛行士の筋肉は弱くなり、地上に帰ってきたときには自力で歩けないほどまで筋力が低下します。

 

このように私たちの身体は使わなければ必要ないと判断し、委縮していくのです。特に筋肉は存在するだけでエネルギーを多く使う部位なので、必要のない筋肉は生存のため(少しでも無駄なエネルギーを使わないため)真っ先に分解しようとします。

 

脳も筋肉と同じく使わなければ委縮していきます。筋肉に比べると委縮するスピードはかなり緩やかですが、脳は委縮することで思考力や記憶力、集中力など様々な脳力(IQ)が低下します。若い時に比べて思考力や記憶力が弱くなった感覚がある人は、脳が委縮していると言われています。

 

しかしここで反論がある人がいるかもしれません。「仕事で常に頭を使っているのに、脳を使っていないなんてありえるのか?」と。

 

実は私たちは仕事で頭(脳力)を使っているように思っているだけで、ほとんどつかっていません。なぜなら同じような仕事を続けている人は、それが無意識で出来るようになっており脳はほとんど動いていないのです。

 

それまで経験したことがないようなまったく新しい仕事では、最初はかなり脳を使います。仕事を覚え、ある程度こなすことが出来るようになるまでは脳は発達していき、ネットワークも活発になります。

 

しかしある時点で脳の活性化が弱まります。その理由はその仕事が無意識レベルで出来るようになったため、脳がエネルギー消費を節約しようと省エネモードになったからです。脳も筋肉も無駄なエネルギーを使いたくありません。無意識レベルで行えることに、わざわざたくさんの神経を発火させるのは無駄なのです。

 

なので同じような仕事、同じような環境、同じような人間関係の中でいる人の脳は、年を重ねるほど脳の発火が少なくなり省エネモードになっていきます。それは脳がどんどん委縮していくことを意味します。

 

反対にクリエイティブな仕事や臨機応変を求められる仕事に従事している人の脳は委縮しない(委縮するスピードが遅い)ことがわかっています。また五感を強く刺激するような仕事(大自然を相手にするような)に就いている人の脳も委縮しにくいそうです。

 

高齢者の方が恋愛をすると、頭の回転が速くなり思考力や記憶力もアップしたという話しを聞いたことはないでしょうか?恋愛というのは脳にとってかなりの刺激です。「あの人と仲良くなりたい」「仲良くなるためにはどうすればいいのか?」と脳がフル活動するため、脳が委縮している人でも脳力(IQ)が復活するのです。

 

恋愛以外でも新しい刺激や五感への刺激も脳力を高める(復活する)ことが出来ます。高齢者の方が若い人と接する機会が多くなると、若くなるのは若い人の価値観や考え方などが新しい刺激となり脳を活性化させるからです。

 

新しい刺激は脳にとってかなり重要です。マインドフルネスの実践や瞑想もかなり効果があります。最初に紹介した60代のご婦人の脳力がアップしたのは、マインドフルネスの実践や瞑想に取り組んだからでした。

 

マインドフルネスの実践や瞑想では、それまでスルーしていた五感覚への刺激や「気づき」を意識に上げていきます。五感で感じていることを意識に上げる(知覚する)ことは脳を相当刺激するのです。これだけでもかなり脳力(IQ)はアップしますが、マインドフルネスの効果はこれだけではありません。

 

五感の「気づき」を意識に上げることを常に行っていると、自然と「気づき」の範囲が広く深くなります。それがまた新しい刺激となり、脳はさらに活性化するのです。マインドフルネスの実践や瞑想に真剣に取り組むと年齢に関係なく脳力は上がります。詳しくは→IQをアップさせる方法

 

脳力を維持するためには、新しい刺激やマインドフルネスの実践や瞑想などで「気づき」を広げることです。マインドフルネス以外でも興味が持てることであれば何でもいいと思います。

 

近年増えている生涯学習などは、脳にとってかなり良いと思います。年齢関係なく新しいことを学ぶことは脳力を高めて保つためには必要不可欠。特に日本人は学校を卒業すると勉強を続ける人が圧倒的に少ないので、生涯学習がもっと広がると良いですね。読書もかなり効果があります。

記憶力アップの鍵は集中力にある

常に新しい刺激に触れることや、生涯学習や読書、マインドフルネスに取り組むことは脳力を維持し高めることにつながります脳力が上がれば当然、記憶力も上がります。脳力を高める=記憶力アップなので、記憶力を高めたいと望むのであればここまで紹介した脳力アップの方法を試してもらうと良いでしょう。

 

しかしこれだけでは「記憶力を高める方法」の紹介としては味気ないので、記憶力を高める方法についてもう少し掘り下げていきたいと思います。

 

世の中には様々な記憶法があります。記憶力を競う世界大会などを見ても人間はここまで記憶力を高めることが出来るのか?と感心しますが、あれは「競技」なので私たちに役に立つかどうかはわかりません。

 

もちろんそのトレーニング法や考え方は、多くの人にとって参考になると思いますが使いこなそうと思うのであれば、そのトレーニング法の訓練から始めないといけません。日常生活の中で生かすためには非効率のような気がします。

 

日常生活、人生レベルにおいて大事なのは記憶するだけでなく記憶したことを目の前の状況や様々な事象と結びつけて具体化することです。ここで紹介するのはただ記憶するだけでなく、それをいかに日常生活や人生レベルにおいて結びつけることが出来るかどうかの方法でもあります。

 

その方法はシンプルです。集中力を高めることです。記憶力が低い人やそれを他と結びつけることが出来ない人は集中力が低い傾向にあります。

 

記憶すべき対象に意識を全て向ける(集中する)ことが出来れば、覚えようと思わなくても自然に頭の中に残ります。それだけでなく対象に対する「気づき」も無意識レベルで広がり抽象度が上がります。

 

抽象度が上がるとその対象の「気づき」や思考は、様々なことに応用することが出来るようになります。単純に言えば、頭の良い人の中ではこういうことが起きているのです。鍵は「集中力」です。

 

人間の記憶力にはほとんど差がありません。差があるとすれば集中力の高さや記憶法の知識でしょう。記憶力を高めたければ集中力を高めてください。集中力を高める訓練をすれば記憶力も高くなることが実感できます。詳しくは→集中力を高める方法

 

集中力を高める方法としてマインドフルネスの実践や瞑想をおススメしています。マインドフルネスをおススメするのは、私自身がマインドフルネスの指導者ということだけが理由ではありません。

 

マインドフルネスの実践や瞑想は集中力や記憶力だけでなく脳力(IQ)全体をアップさせるのに本当に効果抜群だからです。記憶力を高めるだけであれば、記憶法のトレーニングをした方が良いかもしれませんが、マインドフルネスの実践や瞑想は脳力の全てを高めてくれます。高めるだけでなくそれらのネットワークのつながりを密にもしてくれます。

 

またマインドフルネスの実践や瞑想は、メンタルや身体機能も高めてくれます。取り組むことのメリットが大きすぎます。

マインドフルネスの効果について

「マインドフルネスの効果は大げさすぎる」という人がいます。メンタルの強化だけでなく、IQアップや身体能力アップ、さらには様々な病気の改善や予防にも効果があると聞くと超胡散臭いと感じます。

 

「それほど効果があるのであればどうして病院や学校で行われていないの?」と思う人もいるでしょう。海外(アメリカやヨーロッパの一部)では病院や学校にマインドフルネスの実践や瞑想が導入されています。病気の治療や予防の補助として行われていますし、学生のメンタルヘルスや成績向上を目的として授業の一環として取り入れられています。

 

日本の病院や学校でマインドフルネスはまったくと言っていいほど行われていません。その理由は様々あるのですが、大きいのは1990年代にオウム真理教が起こしたテロ事件でしょう。オウム真理教はヨガや瞑想を通して信者の勧誘や洗脳を行っておりあの事件以降、ヨガや瞑想は危ないという印象が強く刻み込まれました。

 

ヨガはフィットネスと相まって危険という印象はかなり和らぎましたが、瞑想はまだまだ抵抗がある人が多いのが現状です。実際にまだまだ怪しい瞑想指導者が蔓延っていたり、新興宗教やマルチ商法の入口に利用されることもあります。

 

もう一つの大きな理由は、マインドフルネスが難しいということが考えれます。マインドフルネスの理論や考え方は表面上はそれほど難しいものではありません。もちろん突き詰めると広く深いので容易に理解できるものではありませんが、指導者が優れていれば小学生でも「何のために行うのか?」を理解することは十分に可能です。

 

しかし実践となるとかなり難易度が上がります。なぜならマインドフルネスの実践や瞑想は外から見えないからです。スポーツやダンスなどであれば、鏡で自分の動作を確認したりスマホで撮影して動画でチェックして修正等が可能です。

 

マインドフルネスの実践や瞑想はそれが出来ません。マインドフルネスの実践や瞑想は自分の内面との向き合いであり感覚的で非言語ですから、外から見てそれが「正しいのか?間違っているのか」を判断するのが困難です。またIQアップやメンタル強化といった効果が出てくるのが遅く、個人差も大きいことも理由の一つでしょう。

 

アメリカやヨーロッパでマインドフルネスが広がり医療や教育に導入されたのは、マインドフルネスを単純化したからです。思想や哲学的な部分を取り除いて完全にエクササイズ化しましたわかりやすく取り組み方もシンプルになったこと、多くのセレブが実践しているということ、脳科学の裏付けがあったことで広まっていったのです。(その弊害はかなり大きいのですが)

 

日本でも今後そのような流れになる可能性もありますが、現時点では難しいのでは?と私は考えています。その理由はマインドフルネスを正しく指導出来る人が圧倒的に少ないからです。世間のニーズがあっても供給者が少なければ広がることはありません。これだけ人間の能力を高めて人生を豊かにしてくれる方法があるのにもったいない気がします。

 

今のところマインドフルネスの存在に気づいた人、取り組んだ人だけが大きな恩恵を受けることが出来るという状態です。マインドフルネスについてより詳しく知りたい方は以下のページをお読みください。

 

マインドフルネスとは何か?

マインドフルネスの誤解について①

マインドフルネスの誤解について②

マインドフルネスの歴史について