読書の効果について

読書はすればするほどIQが上がります。IQの高さはより良い人生を歩むために大切な要素の一つです。読書をしてIQを上げれば、人生が変わると言っても大げさではありません。

 

事実、成功者と呼ばれる人たちの多くは読書家です。その読書量は半端ではありません。彼らが成功した要因に読書は大きく関係しているのではないでしょうか?

 

IQを上げるために知識は絶対に必要です。物事の見方や思考の深さは知識の量や質と関係しており、知識は私たちの活動の土台でもあるのです。

 

そして私たちは知識を通して世の中を見ています。ありのままに世界を見ているのではありません。

 

持っている知識に左右され、偏った世界を見ており、知識のないものを認識することは出出来ないのです。知識のないものは目の前にあっても見えない。(視覚的には見えているが脳が処理しない)

 

逆に言えば、知識があるほど、見えるものが増えて、そこから得られる情報も多くなります。

 

それがマインドフルネスで言うところの「気づき」です。「気づき」が増えるほどにたくさんの情報にアクセス出来るようになり、判断や選択に大きな影響を及ぼすのです。

 

情報が多いと選択肢が増えすぎて、逆に選ぶことが出来ないと言う人がいます。それを証明するかのような心理学の実験もあります。

 

しかしそれは間違いです。

 

選ぶことが出来ない、判断することが出来ないのは情報が多いことが理由ではありません。選択するための情報や知識が不十分だから選べないのです。

 

情報や知識が多いほど、より良い選択が出来る可能性は上がります。

 

本当は選択肢が7つあり、最適な選択が5だとします。しかし情報や知識の不足が原因で1~3しか見えない場合はどうでしょう?

 

最適な選択が出来るでしょうか?

 

それは無理でしょう。1~3しか見えないのであれば、そこから選ぶことしか出来ません。

 

そしてその情報不足は、誰かが意図的に仕掛けている場合もあります。あえて情報や知識を隠して1~3の中から選ばせるのです。

 

このようなことはありとあらゆる場面で起きており、それで搾取され、不利益を被っている人がたくさんいるのが今の社会です。

読書はコストパフォーマンスが高すぎる

現代社会は何をどう判断し、誰の言うことを信用すればいいのか?がますます難しくなってきています。

 

そんな時代に必要なのは、大量の知識です。判断の材料である大量の知識があれば、最適な選択を選べる可能性が圧倒的に高くなります。

 

大量の知識を手っ取り早く入手するために、最も効率が良いのが読書でしょう。

 

もちろん知識を得る方法としては、読書以外にもあります。知識を豊富に持っている人の話しを聞いたり、知りたい分野の専門家のセミナーや講座を受講するのもアリです。

 

場合によっては読書以上に質の良い知識を得ることが出来るでしょう。

 

しかしコストパフォーマンスを考えると読書にはかないません。知識を得る方法として読書は圧倒的にコストパフォーマンスが高いのです。

 

多くの本は論理的に、体系的に作られており、知識を身に着けるためには、断片的ではなく体系的な知識に触れる方が良いのです。

 

そして読書は、読む側の時間や場所を選びません。好きな時に、読みたい時に、自分のペースで読み進めることが可能です。

 

知識を豊富に持っている人の話しを聞いたり、セミナーや講座を受講する場合は、場所や時間が限定的です。

 

そして知識豊富な人の話しを聞く機会などそうはありません。そんな人とはなかなか出会わないし、出会ったとしても有益な話しをしてくれるでしょうか??

 

セミナーや講座は、本を買うよりもお金がかかります。秘匿性の高い内容であれば、かなりの高額になる場合も珍しくありませんし、特別なルートやコネがなければ、受講不可能なセミナーや講座もたくさんあります。

 

しかし本であれば、著者の何十年の研究成果やそこで得た知識や知恵に、わずか数千円で触れることが可能です。知識を得る方法としては、読書ほどコストパフォーマンスの高いものはないでしょう。

大半の人は知識が不足し過ぎている

失礼な言い方になりますが、私から見て多くの人は知識がまったくと言っていいほどありません。圧倒的な知識不足です。

 

基本的な知識が抜け落ちています。ここで言う基本的な知識とは、義務教育で学ぶような一般教養レベルのことを指しています。

 

多くの人の情報源や知識を得る拠り所は、テレビや新聞です。近年はネットニュースやSNSを情報源にする人も増えているようですが、まだまだテレビや新聞の方が多いようです。

 

テレビや新聞だけで情報や知識を得るのは問題が多すぎます。

 

テレビや新聞を見ることで得られる情報や知識は断片的であるだけでなく、権力者やスポンサーの意向で脚色されており、かなり偏っています。

 

国民をある方向に誘導しようというのが見え見えなのですが、情報や知識が不足していると、それらに簡単に振り回されてしまいます。

 

情報や知識が不足していると、与えられた情報や知識が正しいのか?間違っているのか?を見極めるのは非常に難しいでしょう。

 

しかし一般教養レベルの情報や知識を持っていれば、自分の専門外のことでも見極めることは可能です。現状、テレビや新聞が仕掛けてくる内容は、一般教養があれば容易に見極めることが出来るレベルです。

 

テレビや新聞の内容は信じてはいけません。半分は事実ですが、半分は嘘です。テレビや新聞からだけで正確な情報や知識を得ることが不可能です。

 

ではインターネットはどうでしょう?

 

インターネットは玉石混合です。質の高いブログやサイト、動画や音声もありますが(しかも無料)、大半はテレビや新聞と同様で、断片的であったり都合の良い情報や知識ばかりです。

 

インターネットを上手く扱うには、それが正しいのか?嘘なのか?を見極める能力が必要不可欠です。

 

情報勝者になるのはめちゃくちゃ簡単

ところで文化庁のデータによると、47%の人が一か月に本を1冊も読まないそうです。(漫画や小説を除く)

 

このデータを初めて見た時に、世の中がおかしい理由がはっきりとわかりました。

 

最初に言ったように、読書とIQの高さは大きく関係しています。本をまったく読まない人が国民の半分に及ぶということは、国民の半分はIQが低いということです。

 

つまり大半の国民は、メディアが流した情報によって思考や行動が誘導され、間違った思い込みや不安を植え付けられ、おかしな現象が国のありとあらゆる場所で起きているということです。

 

今(2021年6月25日現在)、世界中で起きている新型コロナ騒動がそうでしょう。どれだけの人がメディアによって振り回されているでしょうか?それによってどれだけの人が不利益を被っているでしょうか?

 

ちなみに一か月に本を4冊以上読む人は8%しかいません。一か月に4冊以上、本を読めば上位1割の情報勝者になれるというわけです。

 

一か月に4冊ってめちゃくちゃハードルが低いと思いませんか?

 

一週間に1冊読めば良い計算です。もちろん読書習慣のない人からすれば、難しいかもしれません。

 

しかしそれは慣れの問題です。読む意識を持てば、一週間に1冊は簡単にクリアすることが出来ます。

 

この程度でも他の人と差をつけることが可能なのです。ビジネスであれば収入は上がります。抱えている問題や悩みを解決することも出来ます。メンタルも強くなるでしょう。(知識量とメンタルの強さは関係する)

 

たくさんのメリットがわずか数千円で得ることが出来ます。読書をしない理由を探す方が大変です。

 

ここまで言ってきた読書とは、漫画や小説、ファッション雑誌などの娯楽を指していません。

 

論理的で体系的に書かれている本です。もちろん漫画や小説でも知識を得ることは可能です。しかし漫画や小説は娯楽的要素が高く、フィクションですからそこで展開されている

情報や知識は間違っていることが多いのです。(娯楽だからそれは問題ない、娯楽として楽しめばいい)

 

ただこれまで読書習慣のなかった人は、漫画や小説から入っても良いと思います。最近の漫画は大人向けの内容が多く、専門家が監修していたり、著者自身がかなり勉強し調べていることもあるので、専門的な知識を得ることも可能です。

 

いきなり難しい本を読んでも続きません。大事なのは読書習慣を身に着け、読み続け、少しづつ知識を増やしていくことです。

 

入門編や図解など、わかりやすい本から入るのもOKです。入門編や図解の本をバカにしてはいけません。きちんと読めばかなりの情報や知識を得ることが出来ます。

 

知識が増えれば、見える世界が広がり、「気づき」も増えます。それに伴って思考力も高まり、判断や行動も変わってくるでしょう。

 

そこにマインドフルネスの実践や瞑想もプラスしてみてください。読書の効果もさらにアップし、IQはもっと上がります。読書とマインドフルネスの組み合わせは最強です。

 

ぜひ取り組んでみてください。