質問にお答えします。

皆さんから寄せられた質問に私が答えます。

 

質問に対する答えはできるだけわかりやすくお答えしていますので、あなたが抱えている疑問の答えの参考にして頂けると幸いです。

 

質問は随時、受け付けております。

nishiyama@mindfulness--lab.comまでメールでお送りください。

質問 マインドフルネスはどれくらいで効果が出てきますか?

【答え】

どれくらいで効果が出てくるのは個人差が非常に大きいのでなんとも言えません。個人差が大きい理由は「目的」「取り組み方」「抱えている問題」「性格」「ストレス度」「生活スタイル」「年齢」・・・といった様々な要因が関係しているからです。

 

個人セッションでは、早い人であれば取り組んだその日に、遅い人でも1か月ほどでマインドフルネスの効果を感じることが出来ます。

 

体験セミナーやワークショップなどのグループレッスンでは個人の要因を考慮することが難しいので効果が出るのは少し遅い傾向にあります。実践するのであれば個人セッションが良いと思います。

質問 うつ病はマインドフルネスに取り組むと治りますか?

【答え】

「うつ病が治る」とはどのような状態を指すのか一人一人違うのでは?と考えます。私のところにもうつ病を抱えた人がたくさんマインドフルネスを習いに来られました。

 

取り組んだ多くの方が「仕事に復帰できた」「薬を辞めることができた」「嫌な気持ちに囚われなくなった」「体調が戻った」など、うつ病の軽減、克服を達成しています。

 

また日本より精神医学がかなり進んでいるアメリカでは、うつ病患者の治療にマインドフルネスを積極的に利用しています。

 

今後は日本でも徐々にうつ病をはじめとする精神疾患の治療にマインドフルネスが導入されていくのではないでしょうか?

 

もしうつ病を克服するためにマインドフルネスを実践しようとお考えなら、まずは主治医の許可を得てください。こういう場所でこんな人からマインドフルネスを習います。ときちんとお伝えしてから実践することをお勧めします。

質問 大阪・天満橋マインドフルネス研究所が提供するマインドフルネスと他のセミナーや講座で学ぶマインドフルネスは何が違うのですか?

【答え】

質と情報量が圧倒的に違います。他の指導者と比べて実践の時間も経験も知識量も何もかも違います。ですからあなたの目的を最短で導くことが可能です。

 

それゆえ他よりは料金も高めになっております。

 

実際に起こしになり、あなたの細胞で違いを体感してみてください。あなたにとってきっと有益なはずです。

質問 マインドフルネスに危険性はありますか?

【答え】

間違った取り組み方をすればリスクはあります。精神の異常を引き起こしたり、うつ病が悪化したり、トラウマが強くなったりということが起こる可能性があります。

 

マインドフルネスの危険性についての記事はこちら

 

しかし正しく取り組めば危険性はありません。ですから必要以上に怖がることはありません。大阪・天満橋マインドフルネス研究所では、あなたの心の状態を丁寧に観察し指導していくので、安心安全に実践することが可能です。

質問 どうすればマインドフルネスの指導者になれますか?

【答え】

現状、日本ではマインドフルネスの資格はありません。その気になれば誰でもマインドフルネスの指導者を名乗ることが出来ます。もちろんそれとマインドフルネスを指導できるかどうかは別物です。

 

マインドフルネスの指導者に必要なのはマインドフルネスの知識や実践だけではありません。人の心を扱うので「心理学」はもちろん「脳科学」「医学」「宗教」「歴史」「身体」「栄養」といった人間に関する幅広い知識が必要です。

 

大阪・天満橋マインドフルネス研究所では、質の高いマインドフルネス指導者養成プログラムを実施しています。マインドフルネスの指導者になりたいと考えるのであれば選択肢の一つにお選びください。

 

マインドフルネス指導者養成プログラムの詳細

質問 効果を求めてマインドフルネスに取り組んではいけないと聞いたのですが?

【答え】

本質的な部分で言えば、何かを達成するためや能力をアップさせるためにマインドフルネスを実践するのは邪道です。なぜならそれ自体が煩悩の追求になるからです。

 

マインドフルネスは日常における自分の振る舞いや心の動きを観察し、洞察し、煩悩に囚われない精神性を高めるための方法です。

 

しかしお釈迦さんが生きてた時代ならともかく、現代社会において煩悩を小さくすることにどれだけ意味があるのか?私は疑問視しています。

 

正しく実践していけば、最初の動機はなんであれ、マインドフルネスの本質に到達することができると私は考えています。

 

入りは何でもいいのです。少しでも興味があるのでしたら実践することをお勧めします。穏やかで上品な時間を堪能することができるでしょう。

質問 これまでの呼吸法とマインドフルネスで行う呼吸法はどう違うのですか?

【答え】

一般的な呼吸法は、呼吸を「意図」して行います。マインドフルネスの呼吸法は意図せず「ありのまま」に呼吸を観察していきます。

 

呼吸に合わせてお腹を膨らませたり凹ませたりするのは「意図」です。「ありのまま」に呼吸を観察するとは呼吸に伴う身体の感覚を「ただ感じる」のです。

 

このあたりの違いは実践しなければよくわからないと思います。そしてマインドフルネスに取り組み始めた人が最初にハマる落とし穴でもあります。

 

ここで躓いてしまうと、マインドフルネスの実践が非常に難しいものになりますので、最初は指導者にしっかりと教わった方が良いのです。

質問 マインドフルネスの実践中に眠くなります。どうすればいいでしょう?

【答え】

マインドフルネスの実践中に眠たくなるのは、毎日の睡眠時間が足りていないのかもしれません。マインドフルネスを実践し始めると身体は緩みリラックスします。

 

リラックスすると気が緩み、眠たくなりますが、それは睡眠が十分に取れているときには起こりえません。

 

もしかしたらあなたに必要なのはマインドフルネスではなく、睡眠かもしれませんね。どうしても実践中に眠くなるようでしたら、夜寝る前に布団に入り横になって実践してみてはどうでしょうか?

 

布団の中ですからそのまま眠れば良いのです。寝る前のマインドフルネスの実践は睡眠の質を高めてくれるのでお勧めですよ。

質問 MBSR(マインドフルネスストレス低減法)は効果がありますか?

【答え】

MBSRはアメリカで臨床現場で結果を出していますし、エビデンスもありますので、信頼できる方法なのでは?と思います。

 

しかし日本で展開されるMBSRに関してはあまり期待しない方が良いかもしれません。日本でMBSRを指導している医者やその講座の内容は恐ろしく質が低いというのがその理由です。(実際に講座に参加して内容は確認しています。)

 

指導者を育てる人の質が低ければ当然、良い指導者は増えないでしょう。MBSR自体ではなく、指導する人がマズイですね。

質問 「マインドフルネス」と「瞑想」は違うのですか?

【答え】

違います。マインドフルネスは心を根本から造り変える実践、瞑想はリラックスや嫌な気持ちから逃避するための実践です。

 

どちらが良いとか悪いという話ではありません。両者は違うということを理解してください。あなたの目的によってどちらを選択するかは違ってきます。

 

現状、マインドフルネスと名のついたセミナー講座の大半はマインドフルネスの実践ではなく、瞑想を教えているのです。

 

だから多くの人がマインドフルネスと瞑想を混同してしまっているのです。勘違いしている指導者も多いですね。

質問 マインドフルネスに取り組んで得られる効果が胡散臭いのですが?

【答え】

あなたのその疑問はよくわかります。私も最初はそうでしたから・・・

 

しかし継続して実践しているとそれが事実であることが私の身体を通して理解することが出来ました。もちろん私が指導している方々にも起きている事実です。

 

マインドフルネスに真剣に継続して取り組んでみてください。本当に素晴らしい変化があなたに訪れますよ。

質問 マインドフルネスは不眠症に効果はありますか?

【答え】

私のところにマインドフルネスを学びに来られた方の多くが、睡眠の問題を克服しています。あなたも睡眠の問題をどうにかしたいとお考えであるならば、マインドフルネスを実践してみてください。