質問にお答えします。

皆さんから寄せられた質問に大阪・天満橋マインドフルネス研究所の私が答えます。

 

質問に対する答えはできるだけわかりやすくシンプルにお答えするよう心掛けています。あなたが抱えている疑問の答えの参考にして頂けると幸いです。

 

質問は随時、受け付けております。

メールフォームからお送りください。

メモ: * は入力必須項目です

質問① マインドフルネスはどれくらいで効果が出てきますか?

【答え】

どれくらいで効果が出てくるのは個人差が非常に大きいのでなんとも言えません。個人差が大きい理由は「目的」「取り組み方」「抱えている問題」「性格」「ストレス度」「生活スタイル」「年齢」・・・といった様々な要因が関係しているからです。

 

8週間プログラム(パーソナルトレーニング)では、早い人であれば取り組んだその日に、遅い人でも1か月ほどで何かしらの効果を感じることが出来ます。

 

セミナーやワークショップなどのグループレッスンでは個人の要因を考慮することが難しいので、パーソナルトレーニングに比べると効果が出るのは少し遅い傾向にあります。これからマインドフルネスを実践しようと考えているのであれば、マンツーマンで取り組む8週間プログラムがおススメです。

質問② うつ病はマインドフルネスに取り組むと治りますか?

【答え】

「うつ病が治る」とはどのような状態を指すのか一人一人違うので、容易に答えることは出来ないのですが正しいプロセスできちんと取り組めばかなり有効だと言えます。多くのうつ病の方への指導経験とたくさんのエビデンス(うつ病へのマインドフルネスの有効性)がその根拠です。

 

私の所でマインドフルネスに取り組んだ多くの方が「仕事に復帰できた」「薬を辞めることができた」「嫌な気持ちに囚われなくなった」「体調が戻った」など、うつ病の軽減、克服を経験しています。

 

また日本より精神医学がかなり進んでいるアメリカでは、うつ病患者の治療にマインドフルネスを積極的に利用しています。今後は日本でも徐々にうつ病をはじめとする精神疾患の治療にマインドフルネスが導入されていくのではないでしょうか?

 

もしうつ病を克服するためにマインドフルネスを実践しようとお考えなら、まずは主治医の許可を得てください。こういう場所でこんな人からマインドフルネスを習います。ときちんとお伝えしてから実践することをお勧めします。

 

また大阪・天満橋マインドフルネス研究所で取り組むマインドフルネスは、治療行為ではないということをしっかりと理解してください。

質問③ 大阪・天満橋マインドフルネス研究所が提供するマインドフルネスと他のセミナーや講座で学ぶマインドフルネスは何が違うのですか?

【答え】

説明するのは難しいのですが、一言で伝えるのであれば質と情報量が圧倒的に違うということです。他の指導者と比べると実践の時間も経験も知識量も何もかも違うと自負しております。その根拠は学会に出ていろいろな方と直接お話したり、様々な講座やセミナーに参加した経験から来るものです。

 

ある程度、実践経験のあるプロは他の人を見れば「その人がどれくらい知識と経験があるのか?」を見極めることは可能です。これはどの分野でもそうでしょう。逆に言えば見極めることができない人はプロのレベルまで達していないということです。

 

他よりも質が高い理由を客観的な証拠(数字など)で示すことは不可能ですが、ホームページを隅から隅まで読んで他と比べてもらえるとわかるかと思います。ですから他よりも料金は高め(適正価格)です。

 

大阪・天満橋マインドフルネス研究所でマインドフルネスを学び実践して欲しいと思っていますが、徹底的に調べて納得してからお越しください。

質問④ マインドフルネスに危険性はありますか?

【答え】

間違った取り組み方をすればリスクはあります。特にうつ病などの精神疾患を抱えていたり、慢性的な痛みや身体症状を抱えている人、ネガティブな思考や感情が浮かびやすい人は注意して取り組んだ方が良いでしょう。下手をすると抱えている疾患や症状が悪化することがあります。詳しくは→マインドフルネスの危険性について

 

もちろん正しいプロセスで段階を経て取り組めば危険性はありませんので、必要以上に怖がらなくて大丈夫です。

質問⑤ どうすればマインドフルネスの指導者になれますか?

【答え】

現状、日本では公的なマインドフルネスの資格は存在しません。その気になれば今日から誰でもマインドフルネスの指導者と名乗ることが出来ます。だからと言って誰もがマインドフルネスを正しく指導できるかどうかは別です。

 

マインドフルネスの指導者に必要なのはマインドフルネスの知識や実践だけではありません。人の心や身体を扱うので「心理学」はもちろん「脳科学」「医学」「生化学」「解剖学」「宗教」「歴史」「栄養」といった人間に関する幅広い知識が必要です。

 

大阪・天満橋マインドフルネス研究所では、質の高い指導者を育成する目的で養成プログラムを実施しています。マインドフルネスの指導者になりたいと考えるのであれば選択肢の一つにお選びください。

 

マインドフルネス指導者養成プログラムの詳細

質問⑥ 効果を求めてマインドフルネスに取り組んではいけないと聞いたのですが?

【答え】

本質的な部分で言えば、何かを達成するためや能力をアップさせるためにマインドフルネスを実践するのは邪道です。なぜならそれ自体が煩悩の追求(自己の利益のみ)や執着などの囚われになるからです。

 

マインドフルネスは日常生活における自己の振る舞いや心の動きを観察することで、煩悩に囚われない精神を高めるための方法です。

 

効果を求めずに「ただ行う」というのがマインドフルネスの実践や瞑想の本質です。これが非常に難しいのですが。

 

質問⑦ これまでの呼吸法とマインドフルネスで行う呼吸法はどう違うのですか?

【答え】

一般的な呼吸法は、呼吸を「意図」して行います。マインドフルネスの呼吸法は意図せず「ありのまま」に呼吸を観察していきます。

 

呼吸に合わせてお腹を膨らませたり凹ませたりするのは「意図」です。「ありのまま」に呼吸を観察するとは呼吸に伴う身体の感覚を「ただ感じる」のです。

 

このあたりの違いは実践しなければよくわからないと思います。そしてマインドフルネスに取り組み始めた人が最初にハマる落とし穴でもあります。詳しくは→「呼吸瞑想」と「呼吸法」の違いについて

質問⑧ マインドフルネスの実践中に眠くなります。どうすればいいでしょう?

【答え】

マインドフルネスの実践中に眠たくなるのは、毎日の睡眠時間が足りていないのかもしれません。身体が睡眠を強く求めているのかもしれません。

 

マインドフルネスを実践し始めると身体は緩み緩むと眠たくなる場合があります。しかし睡眠が十分に取れていれば身体が緩んでも眠気に襲われることはありません。

 

もしかしたらあなたに必要なのはマインドフルネスの実践や瞑想ではなく、睡眠かもしれませんね。どうしても実践中に眠くなるようでしたら、夜寝る前に布団に入り横になって実践してみてはどうでしょうか?

 

布団の中ですからそのまま眠れば良いのです。寝る前のマインドフルネスの実践は睡眠の質を高めてくれるのでお勧めですよ。

質問⑨ MBSR(マインドフルネスストレス低減法)は効果がありますか?

【答え】

MBSRはアメリカでの臨床現場である程度、結果を出していますしエビデンスもあります。医療現場で用いるのであれば効果は望めると考えています。

 

しかし日本で展開されるMBSR(まだ展開していない?)に関してはあまり期待しない方が良いかもしれません。日本で行われているMBSRの講座内容は恐ろしく質が低いからです。(実際に講座に参加して内容は確認しています。)

 

講師の方は知識はあるのですが、実践経験がなさすぎるので本質を捉えていません。参加者の多くは数日間の講座を終えてもほとんど実践出来ていない(身体で理解していない)のでMBSRの講座に参加する意味があるのか疑問に思いました。MBSR自体が悪いのではなく、指導する人のレベルが低いことが問題です。

 

大阪・天満橋マインドフルネス研究所で実施している指導者養成プログラムは、MBSRの講座よりもはるかに質の高い内容となっています。

質問⑩ 「マインドフルネス」と「瞑想」は違うのですか?

【答え】

違います。マインドフルネスは「囚われずに今この瞬間」を体現している状態、瞑想はそこに至るための方法(エクササイズ)です。

 

マインドフルネスと瞑想を混同している人も多いですが、厳密にはまったくの別物です。

質問⑪ マインドフルネスに取り組んで得られる効果が胡散臭いのですが?

【答え】

あなたのその疑問はよくわかります。私も最初はそうでしたから・・・

しかし継続して実践するとそれが胡散臭いものではないことが、身体を通して事実であることを認識します。

 

頭で理解しようとするから胡散臭いと感じるのです。マインドフルネスに限らないことですが、頭で理解して判断するクセを治した方が良いでしょう。そうしないと物事の本質は見えてきません。

質問⑫ マインドフルネスは不眠症に効果はありますか?

【答え】

もちろんです。私のところにマインドフルネスを学びに来られた方の多くが、睡眠の問題を克服しています。不眠の原因は囚われです。「何時間寝ないといけない」「寝ないと次の日しんどくなる」といった囚われ(思い込み)が身体を緊張させて睡眠の質を低下させます。

 

正しいプロセスでマインドフルネスの実践や瞑想に取り組むと、囚われを手放し身体の緊張が解放されるので睡眠の問題が解決するのです。

 

これは本当に効果的です。病院で処方される睡眠薬よりもはるかに効果があります。