世界中でマインドフルネスが注目されている。

マインドフルネスは仏教の修行法である「禅」がベースとなっています。宗教色を完全に取り除き誰でも取り組めるように方法論だけを抽出したのがマインドフルネスの実践や瞑想と言われています。

 

マインドフルネスは近年、アメリカを中心に世界中で注目されています。その理由はマインドフルネスの実践や瞑想が私たちの心と身体に非常に良い恩恵をもたらすことが脳科学の研究で科学的にわかってきたからです。

 

マインドフルネスの実践や瞑想によって脳が厚みを増して発達しそれに伴って脳の機能が大きく向上することが数多くの研究で確認されています。

 

GoogleやFacebook、P&Gやゴールドマンサックス、フォードやマッキンゼーといった世界的企業が従業員の生産性向上とメンタルヘルスのために、マインドフルネスの実践や瞑想を社内プログラムに組み込んでいます。

 

これらの企業だけでなくハーバードやスタンフォード、UCバークレーなどのビジネススクールでもプログラムにマインドフルネスが導入されています、

 

イトーキや資生堂などが社内研修に取り入れたり、商品に応用したりと日本でも少しづつではありますがマインドフルネスが広がりを見せつつあります。

誰もが知っているセレブ達も・・・

アップルの創業者である故スティーブ・ジョブスもマインドフルネスに取り組んでいたことはあまりにも有名です。その他にも

 

ビル・ゲイツ

クリントン元大統領

松下幸之助

稲盛和夫

レディーガガ

イチロー

長谷部誠

マイケル・ジョーダン

ジョコビッチ

タイガー・ウッズ

ニコールキッドマン

ミランダカー

 

といった誰もが知っているセレブ達もマインドフルネスの実践に取り組んでいる(いた)と言われています。大きなプレッシャーやストレスに対処するために、心身を成長させるため自身の内面と深く向き合うために、意識的にも無意識的にもマインドフルネスの実践や瞑想に行き着いたのでしょう。

 

一流のアスリートや経営者の中には、マインドフルネスと自覚せずにマインドフルネスを実践している人もいます。胡坐を組んで半眼にして座ることだけがマインドフルネスの瞑想というわけではありません。

 

マインドフルネスは日常生活の中全てに取り入れることが可能なのです。もしかしたらあなたもマインドフルネスと自覚せずに、日常生活の中でマインドフルネスを実践しているのかもしれません。

医療や福祉、教育にも

マインドフルネスの実践は企業やセレブ達だけが取り組んでいるのではありません。アメリカやヨーロッパの一部の国では医療、福祉、教育にマインドフルネスの実践を応用し、正式に取り入れて一定の効果を上げています。

 

特に医療分野での貢献は大きいと言われており、うつ病を始めとする精神疾患はもちろん慢性的な痛み、ガン、自己免疫疾患や西洋医療では治療法がないと言われる難病などにも効果があるというエビデンスや臨床データもあります。

 

マインドフルネスの実践や瞑想は正しく取り組めば、西洋医学的な投薬治療や外科的治療に伴う副作用や痛み、苦しみが伴うことがありません。効果も投薬と同等かそれ以上に高く、様々な疾患に応用が可能なのでもっとマインドフルネスの実践が広がれば多くの人を救う可能性があります。

 

日本ではまだまだ医療や福祉に導入されていませんが、少年院や女子刑務所に更生プログラムの中に正式に採用されています。

マインドフルネスとは?

マインドフルネスとは「今この瞬間の気づきや意識」という意味です。簡単に言えば、心を過去や未来ではなく「今」に留めている状態のことを指しています。

 

私たちの心はだいたいは「今」にありません。無意識的に過去や未来にいったりきたりしています。

 

自分の意思とは関係なくすでに過ぎ去った過去のことに思いを馳せたり、まだ来ていない未来のことを考えふけったり・・・この時はたいてい嫌なことが浮かび、それに対しての連想思考がグルグルと頭の中を飛び交っているはずです。

 

「どうしてあの時、こんな選択をしたのか?」「あっちの道を選んでいたら今頃は・・・」「明日の仕事嫌だな」「将来、年金はもらえるのだろうか?」

 

心が「今」を離れて過去や未来に漂っているとき、意識は「今」にありません。意識が「今」になければ、今すべきこと、今目の前で起きているに対する集中力は大きく低下しています。

 

「今」に対する集中力が低下した状態では、仕事でも勉強でもスポーツでも自分が持っている力を発揮することは不可能です。

 

Googleやゴールドマンサックス、一流のアスリートや経営者が積極的にマインドフルネスを実践するのは、「今」に対する集中力が自分の能力を最大限発揮するために必要だと知っているからです。

 

現代の多くの人は「今」に集中するのが恐ろしく苦手です。その原因は情報や刺激が増えすぎていることが一つ考えられます。

 

例えばスマホです。スマホは連絡が来たり、SNS上で誰かが投稿したり、ニュースが更新されると通知(音などで)されます。通知されるたびに「今」取り組んでいたことや目の前のことから、意識がスマホに向き集中が途切れます。

 

通知音を消しておけば良いのですが、そのままにしていると数分置きに通知音がなることが珍しくありません。つまりスマホを持っている人(目の前に置いている人)は数分置きに何度も何度も集中が途切れてしまうのです。

 

これが繰り返される(クセになる)と集中力を保つ能力(集中力のスタミナ)はどんどん低下していきます。恐ろしいことに短い間隔で集中が途切れることがクセになってしまった人は、通知音を消していてもスマホが見える所にあるだけで集中力が低下することがわかっています。

 

ですから何かに集中したい時(仕事や読書など)はスマホを見えない遠くに(別の部屋など)に置くことが推奨されています。

 

現代人の多くがマインドフルネスのような「今」に集中することを求めるのは、そういった危機感を覚えているからでしょう。

 

心が「今」にない状態は、生産性や能力を下げるだけではありません。メンタル的にも大きなマイナスになるのです。

 

実は私たちの心は「今」にあるときはストレスがまったくありません。なぜなら心がきちんと「今」に向いていれば余計な思考や妄想、自分勝手な判断や評価、囚われはその瞬間完全に消えているからです。

 

余計なことを考えるから(無意識に頭の中に浮かぶ)苦しみが増え、それに伴いストレスも大きくなりまた余計なことを考える悪循環に陥ってしまうのです。

 

これを断ち切るには「今」に心を留めるマインドフルネスの実践や瞑想に取り組むことです。これは机上の空論ではなく体現です。ですから 「今」に心を留めるには訓練が必要になります。

 

その訓練がマインドフルネスの実践や瞑想です。マインドフルネスの実践や瞑想に取り組むことで心を「今」に留めるを体得し、必要なときにいつでも「今」に戻ってくることができるのです。

身体で理解する

ここまでマインドフルネスとは何か?について解説してきましたが、どうでしょうか?わかったようなわからないようなそんな感じの人も居るかもしれません。

 

今はそれでいいと思います。マインドフルネスは頭で理解するものではなく、実践を通して体感しながら身体で理解(体得)するものだからです。

 

いくらマインドフルネスの理屈や理論を勉強しても、正しく実践しなければ本当の意味でマインドフルネスを理解することは不可能です。実践なき勉強は頭でっかちになるだけで、余計な理屈や知識に囚われさらなる迷路に迷いこむだけです。

 

マインドフルネスの実践や瞑想にこれから取り組もうと考えている人は、理論や理屈を学ぶのはほどほどにして(それも大事なのですが)実践を重視した方が、結果的に体得も理解も早いはずです。とにかく実践しましょう(もちろん正しいプロセスで実践するという前提)。