効果が出ないのはなぜ?

 

マインドフルネスの実践は心と身体を変容させる非常に効果の高い方法です。

 

 

その有効性は科学的に証明されており、世界では医療や福祉、教育やスポーツにも導入され一定の成果を上げています!!

 

 

しかしマインドフルネスに取り組んでも「何の効果も出なかった」「変化を実感できない」「効果があるというのは過大広告なのでは?」という人が少なくありません。

 

 

効果があったという人でも「心が落ち着いた」「リラックスした」という程度の実感しかない人も多くないそうです。

 

 

「言われているほどの効果はないのでは?」「嘘では?」と疑う人も出てきています。

 

 

反対に「マインドフルネスに取り組んでから全てが変わった」「能力が格段に上がった」「収入が何倍にも増えた」という人も確実に存在します。

 

 

なぜこのような差が生まれるのでしょうか?

 


4つの原因

 

マインドフルネスに取り組んでも効果や変化を実感できない人は、次の4つに当てはまります!!

 

  1. 間違った方法での実践
  2. 実践時間が短すぎる
  3. 方法と目的が合っていない
  4. 継続しない

 

これは延べ1000人以上の方に指導してきた経験からわかった事実です。

 


間違った方法での実践

 

マインドフルネスに限らず間違った方法で取り組めば効果が現れることはありません。

 

 

マインドフルネス関連のセミナーや講座、書籍やネット情報はたくさんありますが、その大半が間違った実践方法を伝えています。

 

 

それらの情報を元にマインドフルネスに取り組んでも、望んだような効果が現れることはありません。

 

 

現れたとしても「リラックスした」といった程度で、脳が厚みを増し発達するレベルまではいきません!!

 

 

間違った筋トレ法で実践しても思ったように筋肉が発達しないのと同じです。

 


実践時間が短すぎる

 

正しい方法でマインドフルネスに取り組んでも、実践時間が短ければ効果や変化は現れません。

 

 

「1日5分のマインドフルネス瞑想で効果が実感できる」といったキャッチコピーの書籍やセミナーを目にすることがあります。

 

 

残念ながら1日5分の実践では脳が構造的に変化することはありません!!

 

 

1日5分程度の実践では「心が落ち着く」「リラックスする」くらいの効果しかないでしょう。

 

 

心を落ち着かせるのが目的であれば1日3分の実践で良いかもしれません。

 

 

しかし本当に心と身体の変容、人生を変えようと望むのであれば1日5分は短すぎます。

 

 

マインドフルネスに限らず、1日5分の実践では何も身に着きません!!

 


目的と方法が合っていない

 

正しい方法で十分な時間をかけて取り組んでも、目的と方法が合っていなければ望んだ効果や変化を得ることは出来ません。

 

 

前頭葉を鍛えて思考力を高めたいという目的があるにも関わらず、海馬が発達する瞑想ばかりに取り組んでも意味はないでしょう。

 

 

取り組む目的をしっかりと把握し、「何を」「どのように」「どれくらい」取り組めば良いのかを知る必要があります。

 


継続しない

 

継続しなければ何も変わりません。

 

 

脳が厚みを増し発達するには取り組み方にもよりますが、1か月~2か月ほどかかると言われています。

 

 

つまりマインドフルネスには最低でも、2か月は続けて取り組む必要があるのです。

 

 

もちろんもっと長く継続すればさらなる脳の発達が望めます。

 

 

これまでマインドフルネスを実践する人を多く見てきましたが、半分以上の人が1か月も継続できません。

 

 

2か月以上続く人は2割程度です。半年や1年の継続を続けている人はもっと少なくなります。

 

 

8割の人は効果が現れる2か月も継続できないのです!!

 


1人では継続できない

 

「マインドフルネスは効果がない」は間違いです。

 

 

マインドフルネスではなく、取り組み方や継続できないことに問題があるのです!!責任転換してはいけません。

 

 

当研究所でマインドフルネスのパーソナルトレーニングをおススメしているのは、1人では継続できないのが理由です。

 

 

オリンピックに出場するような意志力の強い選手でも、コーチやトレーナーがいなければトレーニングを継続することが出来ません。

 

 

私たちは継続できないのが当たり前。しかし継続しなければ効果も変化もありません!!

 

 

パーソナルトレーニングは体験も行っております。ぜひ一度、試してみてください。