学力をアップさせる方法

どうして同じ授業を受けても、同じ勉強量でも人によって成績や学力、理解の深さや理解するスピードに大きな違いが現れるのでしょうか?

 

「生まれつきの頭の良さが違うからだ」「頭が良くなる栄養を取っているのではないか?」といろいろな意見が出てくるかもしれません。

 

たしかに生まれつき頭が良い人はいますし、頭が良くなる栄養素やサプリメントがあるかもしれません。(実は食べるもので頭の働きはかなり変わる→健康的な食事について)しかし成績や学力に差が出る一番の要因は「集中力」です。集中力が高いか?低いか?で成績や学力は相当変わるのです。

 

人間の知能はそれほど差がないことがわかっています。アインシュタインやニュートン、ダヴィンチや空海などの圧倒的に知能が高い人間はいますが、それは極めて少数で9割以上の人間の知能はほぼ同じと言われています。

 

それなのに勉強でも仕事でも、結果に大きな差が生まれるのはなぜでしょうか?それは最初に言った「集中力」の差にあります。生まれつきの知能の差ではなく、「集中力」です。幸い「集中力」は生まれつきの知能と違って後天的にいくらでも高めることが可能です。

 

「集中力」が高い人は同じ勉強量でも、他の人よりも記憶する量が多く、圧倒的に速く理解すること出来ます。数学や計算問題、文章問題でも「集中力」が高い人は速く正解に導くことが出来ます。文章を読む速度は「集中力」によって変わります。

 

実際に70人ほどの学生たちを被験者に選び、「集中力を向上させるマインドフルネスに取り組んだグループ」と「取り組まなかったグループ」に分けてそれぞれに計算問題や文章問題をやってもらいました。

 

そして問題を解く時間や正答率を調べたところ、集中力を向上させるマインドフルネスに取り組んだグループの方が解く時間も正答率も圧倒的に良かったというデータを得ています。様々な研究を見ても同様の結果報告が多く、「集中力をいかに高めるか?」が成績や学力を高める肝と言えるのではないでしょうか?

 

「集中力」が低い状態ではいくら勉強しても非常に効率が悪いはずです。勉強量の割には成績が振るわない学生は、頭が悪いのではなく「集中力」が低いと考えられます。学校や塾で「集中力」を高めるエクササイズに取り組めば良いのですが、私が調べた限りでは「集中力」アップに取り組んでいる学校も塾も少ないようです。

 

アメリカやヨーロッパでは、カリキュラムに「集中力」を高めるマインドフルネスの実践や瞑想を組み込んでいる学校もあります。授業の最初5分間は必ず、マインドフルネス瞑想を行うという小学校もあります。それらの学校の報告では、マインドフルネスを導入してから生徒の成績が向上したのはもちろん、勉強への意欲も上がり問題行動も減少したとのことです。

 

日本ではマインドフルネスを導入している学校は多分ありません。(以前、関東のある私立中学校の先生や生徒が集団で私の所にマインドフルネスを受けに来ましたが)「集中力」を高める訓練に取り組んでいる学生もそう多くはないでしょう。

 

となれば「集中力」を高める訓練に取り組む学生は、それだけで他の学生と差をつけることが出来ます受験でもかなり有利になるはずです。スポーツで言えばドーピングみたいなものです。スポーツのドーピングは違法ですが、「集中力」を高める訓練は合法です。合法的に他の学生と圧倒的な差をつけることが出来るのです。

 

成績を上げるために、志望校に合格するために塾や予備校に通い勉強量を増やすのも良いのですが、その前に「集中力」を高めることが大事なのでは?と考えます。

どうやって集中力を高める?

集中力を高める方法はたくさんありますが、一番のおススメはマインドフルネスの実践や瞑想です。マインドフルネスの実践や瞑想に真剣に取り組むと集中力は相当アップします。

 

マインドフルネスに取り組むことのメリットは集中力アップだけではありません。記憶力の向上や思考速度の向上など、脳機能(IQ)が高まることがわかっています

 

マインドフルネスとは「今この瞬間の気づき」や「今この瞬間に意識を向ける」という意味です。集中力がない人は意識が「今この瞬間」ではなく、過去や未来に漂っていることが多いのです。

 

成績の悪い学生は先生の話しを聞きながら、「今日の夜ご飯は何かな?」「昨日のテレビ面白かったな」「早くこの授業終わらないかな」と授業内容とは関係のないことが頭に浮かび、先生の話しを「ながら聞き」している状態です。

 

もちろんこれは無意識です。自分の意思とは関係なく頭の中に「今この瞬間」ではない、様々な思考が浮かびます。それを放置すると浮かんできた思考の連想が始まり、いつのまにか目の前とは関係ない思考の渦の中にどっぷりと浸かった状態になるのです。いわゆる上の空という状態ですね。

 

集中力が高い学生は、「今この瞬間(先生の話し)」とは関係のない思考が浮かんできても「今この瞬間」に意識を戻すことが出来ます。しかし集中力が低い学生は意識を「今この瞬間」に戻すことが難しく、思考の連想が止まらないのです。

 

同じ授業を受けても、同じ勉強量でも成績に圧倒的な差が出るのは頭の良し悪しではなく、「今この瞬間」に意識を戻せる能力があるかどうかです。

 

幸運なことに訓練次第で「今この瞬間」に意識を戻す能力(集中力)はいくらでも高めることが可能。その訓練が先ほど紹介したマインドフルネスの実践や瞑想です。

 

マインドフルネスの実践や瞑想の取り組み方はこちらを参考にしてみてください。

 

「呼吸瞑想」のやり方

「ボディスキャン」のやり方

「歩く瞑想」のやり方

集中力を高める方法

記憶力を高める方法

 

やり方がよくわからない、効率的に訓練したいと考える方は直接学びに来られることをおススメします。

 

マインドフルネス8週間プログラム

大阪マインドフルネスセミナー

オンラインでのレッスン

ストレス対策

マインドフルネスの実践や瞑想をおススメする理由は、集中力を高めるためだけではありません。ストレス対策やストレスケアにも高い効果があるからです。

 

学生や受験生は、大人の想像以上にストレス(特に精神的ストレス)を受けています。その強度やプレッシャーは場合によっては大人以上です。

 

私たちは精神的ストレスを受け続けると集中力や記憶力、思考力が低下することがわかっています。集中力が低い学生は、継続した精神的ストレスに曝されている可能性もあります。

 

精神的ストレスの種類は様々です。先生や親に怒られたこと、怒られるのではないかという心配、将来(進路や大人になること)への不安、受験のプレッシャー、模試の結果、人間関係、失恋、成長期特有の感情の変化などその強さや種類も無数にあり、個人差も大きい。

 

残念なことに多くの学生は、精神的ストレスへの対処やケアの方法を学んでいないので、上手く対処することが出来ません。学ぶ場所も教えてくれる大人も滅多にいません。先生や親も対処法を知らないので、相談しても解決できない場合が多いのです。スクールカウンセラーを利用するのも一つの方法ですが、自分で対処する方法(マインドフルネス)を身に付けた方が絶対に良いでしょう。なぜなら自分の精神をコントロールするのは最終的に自分だからです。

 

マインドフルネスの実践や瞑想に継続して取り組むと、精神的ストレスの軽減や自分の感情を上手くコントロールする能力が身に着きます。これは非常に重要な能力です。

 

受験当日や模試で、プレッシャーや精神的ストレスがかかり実力を発揮出来なかった経験は多くの人があるでしょう。プレッシャーや精神的ストレスは無駄な力みを生じさせて、緊張を引き起こし、頭の中を真っ白にさせます。この状態に陥ると思考速度は極端に低下し、必死に覚えた単語や公式も出てきません。

 

この状態から抜け出して「平常心」に戻るためには、精神的ストレスの軽減と感情をコントロールする能力が必要不可欠です。試験の時間は決まっているので出来るだけ早く「平常心」に戻ることも重要。ストレス対策を学び身に付けることは、集中力を高めるのと同じくらい大切な取り組みです。

睡眠を上手に取る方法

勉強の成果を最大限生かすためには、睡眠をしっかりと取ることが非常に重要です。脳は睡眠時に大きく発達するからです。睡眠時間が短かったり、睡眠の質が悪い状態が続くと記憶の定着を阻害したり、思考力や集中力の低下が確実に起こります。

 

睡眠の質を低下させるのは、精神的ストレスです。現代の環境(夜でも明るいこと)は睡眠にはマイナスです。精神的ストレスを上手くケアし、環境を整えて睡眠の質を高めることは非常に大切です。

 

ここでは睡眠の質を高める方法をいくつか紹介します。ぜひ試してください。

 

・眠る1時間前くらいからテレビやPC,スマホの明るい光を見ない。

・朝起きたときにしっかりと光を浴びる。

・寝る前に熱いお風呂に長時間つからない。

・日中に運動をする。(ストレッチや筋トレ、散歩など)

・どうしても眠れないときは開き直って寝ない。

・睡眠時間を気にしない。

・身体の感覚を高める。

・日中に五感を研ぎ澄ませる。

・お酒を控える。

・夜カフェイン(コーヒーやお茶)を摂取しない。

・炭水化物の摂取を増やす。

・脂質の摂取を減らす。

・寝る前に読書する。

・寝る前に蜂蜜を摂取する。

・ゆったりとした音楽を聴く。

・嫌な人と出来るだけ合わない。

ネガティブな情報(ニュースなど)を避ける。

 

より詳しく知りたい方はこちら→不眠症を改善する方法

受験当日に平常心で挑むために。

多くの学生にとって受験当日(受験日の前から)は緊張し不安、プレッシャーでいっぱいだと思います。緊張や不安、プレッシャーが強いと集中力も思考力も低下し、自分の実力を満足に発揮することが出来ません。

 

自分の力(勉強した成果)を最大限発揮するためには、緊張や不安に打ち勝つ強いメンタルが必要です。そのためにはマインドフルネスの実践や瞑想に、受験の数か月前(遅くとも数週間前)から取り組んでおくこと。

 

そして普段から身体を動かしておくことです。身体を動かせば動かすほど、脳は活性化し集中力や記憶力、思考力もアップすることがわかっています。特におススメなのはダンスや筋トレなどの全身を動かす運動です。サッカーやバスケットボールなどのゲームスポーツも良いでしょう。身体をあまり動かしませんが、吹奏楽などの音楽もおススメです。

 

勉強に集中するために部活動を辞める(辞めさせられる)学生もいるのですが、それは大きなマイナスです。身体をしっかりと動かさないと脳は活性化しません。

 

もう一つ大事なのは糖をしっかりと摂取することです。脳のエネルギー源は糖です。糖が不足すると脳の働きは低下します。糖は悪いという情報が蔓延っていますが嘘です。糖をしっかりと摂取しましょう。糖質制限は論外です。

 

おススメの糖は果物や蜂蜜、黒糖です。砂糖や小麦粉は控えめにして米や穀物を主食としてください。勉強の合間に蜂蜜や黒糖を摂取すると、集中力は高まり勉強のパフォーマンスは向上しますまた脂肪の多い食事は、脳の機能を低下させるので出来るだけ低脂肪の食事を心がけてください。

 

詳しくはこちらを参考にしてください

糖代謝について

糖質制限について

炭水化物は太らない

健康的な食事について

 

マインドフルネスの実践や瞑想、運動、糖をしっかりと取る食事の3つが、受験当日に「平常心」で望み自分の力を最大限発揮させる方法です。普段から取り組んでください。必ず望む結果を得ることが出来ます。

集中力を高めるマインドフルネス瞑想