脳の変化

 

マインドフルネスや瞑想に取り組むと、脳のあらゆる部位が厚みを増して発達します。それに伴い脳の機能が向上します。

 

 

マインドフルネスや瞑想は脳を発達させる無駄のない体系的なトレーニングです!!脳の筋トレと呼ぶ人もいます!!

 

 

主に発達するのは前頭葉です。前頭葉は理性や思考を司る私たちの活動を支える重要な部位です。

 

 

前頭葉が発達するほど、思考力、判断力、集中力、共感力、やる気、感情をコントロールする力などが向上します。

 

 

右脳もマインドフルネスの実践や瞑想によって発達します。右脳は創造力や芸術的センス、人の感情を読み取る能力などを担っている部位です。

 

 

頭の良い人や成功している人は例外なく前頭葉や右脳が発達しています!!

 

 

幸運なことに前頭葉や右脳は大人になってからでも、マインドフルネスの実践や瞑想に取り組むことで発達することがわかっています。まさに脳の筋トレですね!!

 

不安や怒りが小さくなる

 

さらにマインドフルネスの実践や瞑想は、不安や恐怖を大きくさせる扁桃体の働きを抑制する効果もあります。

 

 

扁桃体は私たちに危険を知らせてくれる警報装置なのですが、必要以上に働くと不安や恐怖、イライラや怒り、ネガティブな思考や感情が強くなります。

 

 

実際にうつ病を抱えている方は扁桃体が過剰に働いていることがfMRI(脳活動をリアルタイムで観る装置)での脳画像でも確認されています。

 

 

ちょっとしたことで不安な気持ちになりやすい人、怒る人やイライラしやすい人、ネガティブな思考や感情が生じやすい人は、性格の問題ではなく扁桃体が必要以上に働いている可能性があるのです。

 

 

マインドフルネスの実践や瞑想は過剰に働く扁桃体の働きが抑制された結果、不安や心配する気持ち怒りやイライラが劇的に解消するのです!!

 

 

またそれに伴いストレスが大幅に軽減され、同時にストレス耐性もアップすることがわかっています。

 

注意力や集中力が上がる

 

マインドフルネスの実践や瞑想が注意力や集中力を高めてくれることもわかっています。

 

 

前帯状皮質という注意のコントロールを司る脳の部位が、マインドフルネスの実践や瞑想で発達したり、機能するようになります。

 

 

前帯状皮質がきちんと働くことで、向けるべき対象に注意を向け続けたり、意識が対象から反れても戻せるようになるのです。

 

 

一つのことに注意を向けるADHDという発達障害の人や集中力が低い人は、前帯状皮質のサイズや活動レベルが小さいという報告があります。

 

 

マインドフルネスの実践や瞑想で、前帯状皮質を鍛え、機能アップすることが出来れば仕事でも勉強でも、大きくパフォーマンスを高めることが可能になると言われています。